仕事場のちょっと奥までよろしいですか?

  • ポプラ社 (2017年5月10日発売)
3.38
  • (2)
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591154618

作品紹介・あらすじ

作家・伊坂幸太郎さん、漫画家・いがらしみきおさんから、花火職人、こけし工人ら伝統工芸の職人さんまで、「作ること」のプロ15名の仕事術をイラストでルポ! さまざまな仕事場にお邪魔して、達人たちの世界のちょっと奥を覗いたら、楽しい驚きがいっぱい。プロたちの仕事への想いをひしひしと感じ、むくむくとやる気が湧いてくるコミックエッセイです。

仕事場のちょっと奥までよろしいですか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お仕事漫画です。
    そのお仕事は、こけし職人さんからバーのママさん、副住職に印章彫刻家さんまで多岐にわたります。
    世の中には本当にたくさんのお仕事があるんだよな~~~~…。

  • 元書店員でイラストレーターの佐藤ジュンコさんが、「作ること」のプロの仕事場をたずねて取材したコミックエッセイ。紹介されているのはこけし工人、花火職人といった伝統工芸の人、ステンドグラス作家、建築家などものづくりの人、「場」をつくる人としてバーのママや副住職、クリエイターからは小説家の伊坂幸太郎さんやグラフィックデザイナーの寄藤文平さんたちも。あたたかいイラストが◎佐藤さんと一緒にお話を聞いている気分で楽しめます。

  • ほのぼのと、優しい気持ちが伝わってくるので、癒されたい時に読んでみるのもいいかも。

  • おもしろかった!
    職人さん、ものづくりに興味のある私にはいい刺激になりました。
    今はそういう仕事に就いていないけど、いつかそういう仕事ができたらいいなぁ。

  • 366.2

  • 書店員を経てイラストレーターになった仙台在住の著者が、身近な所で様々な職業の人を訪問してイラストにしたもの。
    他人の職業というものにすごく興味を持ってるから、この手の本はつい手に取ってしまう。
    星の数ほどある職業の中でなぜそれなのか。
    どういう内容で魅力は何で収入としてはどんなか。
    どういった苦労があるか。
    聞きたい事は山ほどある。

    自分自身が学生時代のバイトもふくめても、大した数の仕事をしてないし、デスクワークが大半を占めてるし、この本にあるような仕事も出会わなかったけど、やってみたら向いてるのもあったのかもなぁ。
    これから職業を選ぶ若者にはよんでもらいたいな。

  • 奥までなので、奥深い。

  • ものを作る人への敬意に満ちた、職場探訪。
    仕事への出会い、モチベーションの源泉、独特の道具などへの言及も多い。

  • 伊坂幸太郎さんなど興味深い方々の仕事場ルポ読んでみたくて。
    絵は益田ミリさんみたいな雰囲気?
    伝統工芸のお話とか、書籍関係など思っていたよりも興味深かかったのでもう少しじっくり読み直そう。

  • それぞれの職業に就いた理由から働き方までぎゅっと凝縮された内容はもちろんのこと、佐藤ジュンコさんの目を通して見える世の中が好きです。

全11件中 1 - 10件を表示

佐藤ジュンコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

仕事場のちょっと奥までよろしいですか?はこんな本です

ツイートする