好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)

著者 :
  • ポプラ社
3.53
  • (38)
  • (96)
  • (123)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 1255
感想 : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591154663

作品紹介・あらすじ

「断言しよう。人は好きなことだけして生きていける。それは、例外なく、あなたも」
自分の人生を無駄にしている人へ伝えたい。
自分の「時間」を取り戻す生き方―

ベストセラー著者・ホリエモンの後悔しない生き方・働き方論、決定版。他人、時間、組織、お金などにふりまわされず、「好き」を生きがいにするため、どう考え、行動すればいいのかを明快に説く! はじめの一歩を踏みだすことができない不器用な人たちに勇気を与える、最強の人生指南書。SNS全盛期時代の脱・企業、脱・組織、脱・学校論についても語る!

【本書の構成】
第1章 僕が唯一背中を押せる場所
第2章 はじめの一歩はノーリスク・ハイリターン
第3章 僕らには無駄なものが多すぎる
第4章 「好きなこと」だけするためのスキル
第5章 不器用なあなたに伝えたいこと
おわりに 僕の好きなことは「おせっかい」なのかもしれない

ホリエモンの思考を盗む場所/リーダーに能力はいらない/「でも」が口癖の人は、仕事がなくなる/働かないことは悪いことなのか/自分が本当にやりたいことにリスクをかける/なぜ大企業を信用しているのか!?/個人の飲食店最強説/稼ぐだけなら「コミュ力0」でいい/悪平等意識を取っ払う/無駄な質問・三原則/社会の仕組みを理解する/一次情報を取っている人が生き残る

【プロフィール】
堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年、福岡県生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。1991年、東京大学に入学(後に中退)。在学中の1996年、有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)設立。2002年、旧ライブドアから営業権を取得。2004年、社名を株式会社ライブドアに変更し、代表取締役社長CEOとなる。2006年1月、証券取引法違反で逮捕。2011年4月、懲役2年6カ月の実刑が確定。2013年3月に仮釈放。現在は、ロケットエンジンの開発やスマホアプリのプロデュース、有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の配信、会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」の運営など、幅広く活躍。主な著書に『稼ぐが勝ち』(光文社)、『ゼロ』(ダイヤモンド社)、『本音で生きる』(SB新書)、『99%の会社はいらない』(ベスト新書)、『すべての教育は「洗脳」である』(光文社新書)など多数。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • そういえばホリエモンの本って読んでないなー
    と思って手に取った本。

    合理的なところや教育に対する考え方は結構似てるな
    と思うところあるけれど、ホリエモンの様に24時間
    ビジネスと金儲けと自己愛のことばかり考えたくはない。

    周囲の声を言い訳にせず、僕の選択で、
    僕の生きる道を選んできたから、何の悔いもない
    、、、うーん、他の誰かも言ってたな。

    HIUは月額1万円。その勧誘がこの本の1/3を占める。
    1000人のサロンとして1000万円/月が
    チャリンチャリンとホリエモンの懐に落ちる。
    ま、一種の宗教ですな。。。
    それこそビジネスと金儲けと自己愛のことをホリエモンと
    一緒に考えたい人にはあってるのでしょうねえ。

  • そう生きたいが、出来ないからこの人の本は売れるのだろう…

  • ホリエモンについてはネガティブな印象しか持っていなかったが、本書でそのイメージが転換した。資本主義の権化としてメディアで捉えられがちなホリエモンは、「もっと、みんなが人生を楽しめる世の中にしたい」という思いを持って、自分のビジネスを進めている。やりたくもない仕事のために満員電車に乗るのではなく、「本当に自分がやりたいこと」に自分の人生を賭けてみても良いのではないか?と、本書ではホリエモンは強く訴えている。
    今年の4月から社会人になった自分としては、「自分の好きなこと」を改めて見直し、「自分の会社は、自分の好きなことをするのに価する会社なのか」をもっと考えるようにしたい。

  • 読む目的:好きなことを仕事にする知恵を学ぶ→後悔なく生きる

    メモ:
    ・とにかく行動してみる
    ・HIUに参加してみる
    ・思考は現実化するは正しい
    ・好きという感情にピュアに向き合う
    ・副業はダサい
    ・数打ちゃ当たる
    ・ここじゃない、と感じたら畑なんて何回でも変えていい
    ・遊びを仕事にする3ステップ
     1作業にハマること
     2発信する
     3油断しないこと
    ・熱中ほど価値のあるものはない

  • 積読してた本を片っ端から読もうシリーズ10冊目。

    連続して堀江貴文さんの本を。
    タイトルは違えど、本質的に言っていること、警鐘を鳴らしていることは通ずる部分がある。

    「好きなことだけで生きていく。」と言われても、
    そもそも好きなことが特にない、分からないと思っている人は多いと思う。
    私もあまりない方だったりする。

    けれど、
    好きだから没頭するのではない。
    没頭するから好きになるのだ。
    好きの前には必ず「没頭」がある。
    …という言葉にハッとした。

    「好きなことがない」んじゃなくて、
    「何かに没頭するほど打ち込んだことがない」んだなと。

    目の前のことに打ち込んでみる。
    色々なことを実際体験してみる。
    その繰り返しでしか、好きなことは見つからない。

  • 物事を冷静にポジティブに考えてらっしゃるなぁと。思い立ったら吉日の自分、勢いだけでの自分でも好きなことだけで生きていけるのかなぁ、と考えさせられた。ぜひ、他の著書も読んでみたい。

  • 堀江貴文「好きなことだけで生きていく」を読む前は好きなことだけで生きていくなんて無理だと当然のように思ってた。でも「できない理由」を探すという無駄な時間を捨て去ってやりたいことをまずはやってみるないと何も実現しないよね。そんな当たり前のアドバイスを貰いました。

  • それぞれの自由。楽しみたいです。
    取材の失礼な話。世の中にたくさんいます。

  • サロンの宣伝が多く洗脳要素満載ですが、主張には非常に賛同できます。

  • これからは記憶力ではなく、検索力。
    サクサク読めて、堀江さんがどんな風な思考をしてるかが端的に読める本。一読の価値はあり!

全108件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堀江貴文(ほりえ・たかふみ)/1972年、福岡県生まれ。実業家。ロケットエンジンの開発や、スマホアプリのプロデュース、また予防医療普及協会理事として予防医療を啓蒙するなど、幅広い分野で活動中。会員制サロン「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」では、1,500名近い会員とともに多彩なプロジェクトを展開。『ゼロ』(ダイヤモンド社)、『多動力』(幻冬舎)、『時間革命』(朝日新聞出版)、『最大化の超習慣』(徳間書店)など著書多数。

「2022年 『決定版! お金の増やし方&稼ぎ方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀江貴文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
デイル ドーテン
瀧本 哲史
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×