クマと森のピアノ (ポプラせかいの絵本)

  • ポプラ社
3.78
  • (11)
  • (20)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 308
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591155080

作品紹介・あらすじ

ある日、こぐまのブラウンは森のなかで、「へんてこなもの」を見つけます。やがて、ブラウンはへんてこなものを弾けるようになります。
偶然通りかかった人間の女の子とお父さんがブラウンの奏でる美しいピアノの音楽を聞きます。ブラウンはふたりと一緒に町へ行き、ピアニストとして大成功をおさめました。
でも、ブラウンは森と、友だちと、森のピアノが恋しくなり・・・。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表紙の絵にひかれて借りた。
    夢をかなえることと、大切な友達とのつながり。
    都会でピアニストとして有名になったクマのブラウンは、森にいる仲間たちのところへと戻っていきます。
    森のなかにピアノなんて、「ピアノの森」を思い出してしまった。
    音楽はどこにいても触れることができるし、人を幸せにしてくれるものなんだなぁ。

  • 優しいくまのイラスト、素敵な物語。
    心がほんわかした。

  • K
    四歳八か月

  • 2020年度 寄贈本
    ある日、クマのブラウンは森の中で「へんてこ」なものを見つけます。
    なんだろうとさわったときから、ブラウンは「へんてこ」なもののとりこに。
    みるみるブラウンの毎日が変わっていきますが、やがて大切なことに気づきます。
    「へんてこ」の正体は? 
    ブラウンの大切なものって? 
    YouTubeで俵万智さんが朗読しているのを見て、じんときた、おすすめの一冊です。
    絵もとってもきれいです。

  • プロンクポロンクタリテリタタン!
    俵万智さんによるピアノの音。

    原著では"with such grace"(潔く)となっている。
    私は、断然日本版を推す。

    ストーリーも、深く心に響く。

    3部作絵本の1作目。

  • 5歳、ちょっとつまらなかった。
    3歳途中で寝る。
    私は絵がきれいだし好き。

  • **********
    「秋」に。

  • 図書館

  • 本屋でプレゼント用の絵本を探しているときに立ち読みして心惹かれ、七夕からずっと気になっててようやく手元に。
    赤ちゃんにはまだちょっと早いけど、大人にはこのほろ苦さがすごく優しく染みるんだ。
    森でアップライトピアノと出会った熊さんが、人間の女の子とそのパパに見初められ、森の仲間ブロードウェイへ!!
    名誉も手に入れ、音楽浴びるように聞きたい欲求も満たされ、最高の演奏する機会にも恵まれ、何もかもが満たされているはずなのに、何か足りない!!
    そして船を漕いで森の仲間の元へと戻る。
    でも森の懐かしい場所にはピアノも仲間たちの姿もなく……そのとき仲良しの熊が現れる!

    あー、なんかその帰りたくなる気持ちわかるわ。
    しんみり優しさが染みます。

全23件中 1 - 10件を表示

デイビッドリッチフィールドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンス...
ジョン・クラッセ...
馬場 のぼる
モーリス・センダ...
高畠 那生
ジョン・クラッセ...
ジョン・クラッセ...
イザベル・シムレ...
ヨシタケシンス...
tupera t...
ヨシタケ シンス...
くすのき しげの...
ポール・フライシ...
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×