(132)トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート (ポプラ新書)

著者 : 中野友加里
  • ポプラ社 (2017年9月8日発売)
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591155837

(132)トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初心者向けでもないし、中級者向け・上級者向けでもないし。。

    これをきっかけに、気になった項目を自分で調べていくにはいいかもしれないが。

  • フィギュアスケートは伊藤みどりさんの頃から好きでしたがなんとなくしか解らないまま観ていました
    今はフィギュアスケート大人気になって、
    浅田真央ちゃん引退しちゃったけど(;Д;)、
    平昌オリンピック代表争いもすごい盛り上がり
    (」・ω・)」ワッショイ
    そんな中、中野友加里さんが、フィギュアスケート観戦の決定版と銘打ったこの本を発売されているのを知り購入、拝読させて頂きました。
    すごくよく解る!!!解り易い!!!
    そして大好きな中野友加里さんと同世代の選手たち、その頃の話し、競技の舞台裏(選曲や衣装の話しなど)、
    今の選手たちのなにがどう凄いのか実際の採点表を掲載しての解説、
    今、ジャストベストタイムの良著でございました♪
    平昌オリンピック観るのが更に楽しみになりました♪♪

  • 4年に一度もりあがる冬季五輪シーズンに備えて、代表決定までの選手やスタッフの準備過程や日常生活、氷上での心理(このあたりは自分の競技生活も振り返りつつ)、羽生結弦選手の強さの秘訣と五輪にむけての男女シングルの有力選手の展望、エピローグとして中野さんの同世代スケーター(浅田真央、安藤美姫、高橋大輔、鈴木明子、小塚崇彦)の素顔の紹介。
    中野さん、はやばやと現役引退してしまって残念だと思っていたけれど、審判の資格をとって、この先もフィギュアスケートの世界にいてくれるのはうれしい。いや、でも、やっぱり五輪代表になってほしかったなぁ、もっと細く長く美しいスケーティングで楽しませてもらいたかったなぁとちょっと未練。

全3件中 1 - 3件を表示

(132)トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート (ポプラ新書)のその他の作品

中野友加里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

(132)トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート (ポプラ新書)に関連する談話室の質問

(132)トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート (ポプラ新書)はこんな本です

ツイートする