天の花 なでし子物語

著者 :
  • ポプラ社
4.00
  • (24)
  • (41)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 180
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591156667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★3.5

    遠州峰生の名家・遠藤家の邸宅と親しまれた常夏荘。
    幼少期にこの屋敷に引き取られた耀子は淋しい境遇にあっても、
    周囲の人々の優しさに支えられて子供時代を生き抜いてきた。
    18歳になった耀子は、誰にも告げず常夏荘を後にした。
    バスの中、4年前のあの夏を思い出す。
    久し振りに常夏荘を訪れた立海と過ごした日々ーーー。

    ★4つと悩んだ~(´⌒`。)
    「なでし子物語」の第三弾

  • 大好きなシリーズ第3弾。
    第2弾を読んでふつふつと沸きあがる数々の疑問の、答え合わせのように読み進めた。
    前回度々出てきた「耀子中学2年生夏の出来事」。そんなことがあったのか…としみじみ思う。
    あの夏は耀子と立海にとって子供でいられた最後の時間だった。
    思春期の、他より大人びた女子にとっては大人の男性は憧れの対象。龍治の大人のフェロモンにときめくのも仕方がない。
    それに比べて立海の子供っぽさは…立海には悪いが勝負にならない。
    「龍治、おじさんがお友だちを見つけてきてあげたからね」ってそもそも立海が耀子を龍治に紹介したんじゃないか!
    早く大人になりたい、と口癖のように言っていた立海。大人になんてならなきゃ良かったね…。
    あの夏の約束、耀子はもちろん忘れた訳ではないのだけれどね…。

    次回第4弾、耀子と立海の微妙な関係にますます目が離せない。

  • 前作で出てきた「あの夏の出来事」が描かれた本作。

    リュウカの中学生にしては幼い、純粋さが切ない。
    少しだけ、少しだけ先に大人になるヨウヨ。
    「あの夏の出来事」がずーっと続けばいいのにと思わずにはいられない。

    おかしなもので最初の「なでしこ物語」を読んで
    龍治ってもっと嫌な人だと思っていた。
    なので、二作目は「なんでぇ」と思ったのだけれど。
    彼には彼の物語があるのだ。
    当たり前だけど、見えているところだけが人の全てではない。
    「何もかも承知で好きなんだ」なんて言われちゃうとね。

    携帯もパソコンも一般的でないこの時代。
    時代背景は昭和の後半なんだけど、
    峰生という場所はもっともっと昔のような気がしてしまう。
    って言っても、若い人には生まれる前の話だもんなぁ。
    充分昔の話かぁ。


    次作が楽しみ、だけれど、読むと終わっちゃう(多分)・・・もどかしい。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

  • このシリーズは登場人物がみんな優しい.気持ちが空回りしたり届かなかったりするもあるが,相手のことを大切に思う愛が強く心に響く.リュウカ君とヨウヨの幼かった思いが花開くことを願ってたのに,(前作でそうはならなかったことが悲しかったが),この本を読んで耀子の危機に颯爽と現れ助け出してくれる龍治に惹かれるのも仕方ないかな.そして,龍治の孤独の深さを知ると,彼にも守りたいものがあることが嬉しかった..

  • なんて切ない。

    時系列では、こちらが先との事でしたが、敢えて出版された順に読みました。
    確かに、なぜ龍治だったのかと思っていましたが、天の花の隆治なら、耀子を任せられると思ってしまう。
    リュウカくんはまだ子供過ぎる…

    耀子と立海と隆治が3人で過ごした時間がかけがえのないものに思え、先が分かっているだけに胸が苦しくなるほどの切なさに身悶えました。

    耀子はこの先強く逞しいおあんさんになります。
    それがわかっていなければ読めなかったかも。

    もう一度地の星を読み直したいと思います。

  • 峰生の美しい山間の屋敷で暮らす燿子の物語だ。
    三作目にあたるけれども、一作目の「なでしこ物語」と二作目の「地の星」の間の時期の事柄が描かれている。

    「地の星」を読んだ時にいきなり耀子が成人して人妻になっていて驚いたけれど、どういう経緯でそうなったのかが本作を読むとわかるようになっている。

    複雑な血縁関係と大きな富があるゆえにままならない生き方をしている、優しく傷つきやすい人達。彼らを取り巻く時代は移り変わっていく。

    変わりゆく流れの中で、ヨウヨとリュウカと呼び合う幼いふたりの姿が、なんとも切ない。

    巻末を読んで、この物語はさらなる続編が出るのだと知った。
    どんなふうに耀子が、彼女を愛する人たちが生きていくのか、続きが楽しみだ。

  • 『なでし子物語』『地の星』に続く三作目。どうやらこの続きも『常夏の光』として連載中のようです。

    天竜川の上流、かつて林業で財を成した財閥・遠藤家の大邸宅・常夏荘を舞台にした物語。
    どこかバーネットの作品『小公子』『小公女』『秘密の花園』等を思い出させるなかなか良い雰囲気で始まった『なでし子物語』。その20年後、没落した遠藤家を支える若い女主人の奮闘を描く『地の星』。でもねぇ、その方法が余りに小ぢんまりとした手作りお菓子製造であり、その過程もご都合主義満載のお仕事小説で少々がっくり。三作目にはなかなか手が出なかったのです。
    で、この三作目『天の花』。
    時系列的には『なでし子物語』に続く10年間ほど。『地の星』までにはまだ数年の空隙が有ります。雰囲気的にも『なでし子物語』寄りでバーネット調。しかし、どうも・・・・・。なんかすりガラス越しに見ているドラマという感じがします。
    大人のフェロモンたっぷりで格好良過ぎる龍治、11歳にしては天真爛漫すぎる(セドリックの様な)立海、「おしん」過ぎる耀子。キャラが立っていると言えばそうですけど、ちょっと不自然。脇役たちも基本良い人ばかりで相当なステレオタイプ。その上舞台が庶民の想像をはるかに超える常夏荘ですからね、どうも現実感に乏しくて。その中で進められる恋愛物語も、う~~ん、こうなるのか。。。
    作品単位で時系列を入れ替えた上に、この1冊の中でも時系列を入れ替えながら進める書き方も、ちょっとやり過ぎかな。

    でもこの作品、映像化したらとても面白いでしょうね。

  • 出版順に読めば良かった。

  • 続き物らしい。出てくる人がみんないい人で良かった。

  • 連作のうちの一編らしいけど前後を知らないままでも興味深かった。静岡は浜松にある旧家の遠藤家の人物たちが昭和から平成に移る時期に織り成す物語。中心は中学校から高校にかけてこの家で暮らした間宮耀子だけど、周りの人物相関図を頭に描きながら読み進めた。なんとも不思議な余韻の残った作品だった。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

伊吹有喜(いぶき・ゆき)
1969年三重県生まれ。三重県立四日市高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。四日市市観光大使。1991年に出版社に入社。雑誌主催のイベント関連業務、着物雑誌編集部、ファッション誌編集部を経て、フリーライターになる。2008年に永島順子(ながしま・じゅんこ)名義で応募した『風待ちのひと』(応募時のタイトルは「夏の終わりのトラヴィアータ」)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。2009年に筆名とタイトルを改め同作で小説家デビュー。2014年『ミッドナイト・バス』で第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補。2017年『彼方の友へ』(実業之日本社)本作で第158回直木賞候補。

天の花 なでし子物語のその他の作品

天の花 なでし子物語 Kindle版 天の花 なでし子物語 伊吹有喜

伊吹有喜の作品

ツイートする