天の花 なでし子物語

著者 :
  • ポプラ社
4.00
  • (24)
  • (41)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 179
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591156667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少女が女性にいたる途中。一人で生きなければ、頼ってダメだった場合はどうしたら良いの?ヨウヨの優しさと強さと寂しさと。それに惹かれる彼らと。彼女は先に大人になり、少年は彼女に追いつけない。その切なさ。

  • 1弾→2弾→3弾と発行順に読了。どれもみんな違うテーマで、それぞれで読み応えがある。個人的には2弾が好きだけれど、3弾もまたこれはこれでドラマがある。

  • 耀子がどうして立海じゃなく龍治と結婚したかが描かれている。
    遠藤家から自立するためにあの母親を頼って横浜は行くがまた裏切られ…売られたと言った方が適切かな。幸薄い内容だけどギリギリで龍治に助けられて浮上。だけど本当の幸せかわからない。ちょっとモヤモヤが残った。続きが楽しみ

  • シリーズ3作目。時系列でいくと真ん中にくる話だ。女性2人の生き様を中心にそれを取り巻く人々の大河ドラマ的小説。2人の心の描写が細やかで、本の世界に没入してしまう。
    この巻では主人公の一人、耀子が人生の岐路に立ち、大きな決断をする。
    前巻の方が時系列では後の話で、そこに行き着く前振りが何も無かったので、この巻を読むと、なるほどね、そうなっちゃうよね…とそこそこ年齢を重ねた人なら腑に落ちてしまうかも。
    大金持ちの男性と恵まれない生い立ちの女性の設定が韓流ドラマ風?な空気を醸し出している気がする。2018.10.20

  • やっぱりなでしこ物語ほんとに好き。地の星の謎はわかったけどほんとに切ない...(恋愛小説みたいに読んでしまう)
    1弾目→3弾目→2弾目で読んだ方がいいって言う人もいたけど個人的には2弾目でえ?!なんで??って疑問をもってから3弾目読んで納得してほしい。1弾目→2弾目→3弾目→2弾目かな。

  • 今回も面白かった。あっという間に読んでしまった。一気に読むのがもったいない気もする。
    2作目で、なんで龍治と結婚したんだ?と思っていて、今作の最初の方は、だからなんでこんな龍治と?と嫌な気持ちになりかけたところで、龍治の味が…。最後は、まあ、立海もいいけど龍治でもいいかもな…な感じになった。変な愛憎劇な感じは全くなく、とても面白かった。続きを出してほしい。早く読みたい。

  • 時系列を整理しながら読まないと、頭がこんがらがる。けれどもいつものなでしこ物語よろしく、読後感も良く、清々しさを感じた。また1作目から読み返したくなった。千恵が作る食べ物はなんでも美味しそうだなぁ…

  • 2018年5月西宮図書館

  • 遠州峰生の名家・遠藤家の常夏荘に引き取られた耀子の生涯を描いた「なでしこ物語」の一冊。読み応えのある上質な作品。完結編の連載が始まったらしいので、それを読むのを楽しみにしている。

  • 先に地の星をよまなければいけなかったのか。。こんな苦労があったなんてね。

全37件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

伊吹有喜(いぶき・ゆき)
1969年三重県生まれ。三重県立四日市高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。四日市市観光大使。1991年に出版社に入社。雑誌主催のイベント関連業務、着物雑誌編集部、ファッション誌編集部を経て、フリーライターになる。2008年に永島順子(ながしま・じゅんこ)名義で応募した『風待ちのひと』(応募時のタイトルは「夏の終わりのトラヴィアータ」)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。2009年に筆名とタイトルを改め同作で小説家デビュー。2014年『ミッドナイト・バス』で第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補。2017年『彼方の友へ』(実業之日本社)本作で第158回直木賞候補。

天の花 なでし子物語のその他の作品

天の花 なでし子物語 Kindle版 天の花 なでし子物語 伊吹有喜

伊吹有喜の作品

ツイートする