天の花 なでし子物語

著者 :
  • ポプラ社
4.00
  • (24)
  • (41)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 179
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591156667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なでし子物語の三作目。
    二作目でいきなり耀子が結婚して常夏荘の女主人になったり、スーパーでの奮闘記になったりえらく話が飛んでるなと思ったら、ここでまた話が戻るんですね。
    唯一の保護者だったおじいちゃんが亡くなって、大学進学を控えた耀子はお母さんに会いに行くんです。
    何を今さらと思うんですけれど、こつこつおじいちゃんが貯めていたお金を母親に貸していたらしい、そんなこんなの事情を知り、合いに行ったんですね。
    それまでは、久しぶりに戻った立海と過ごす楽しい時間、二人の間に微妙に絡む龍治、穏やかな日常が続いていたように見えていたのに・・・
    龍治との結婚に至るいきさつや少しづつ見える父親の
    面影など、より掘り下げた内容になっています。

    あ~そうなるか~という感じです。
    そして物語はまだ続くみたいです。
    立海君、挽回できるのでしょうか?

  • この本で,耀子が,どのようないきさつで,龍治と結婚したかが分かります。
    耀子としては,龍治に惹かれたことももちろんあったかと思いますが,立海に心を残しつつも,手の届かないものと諦めの気持ちもあって,龍治との結婚を決意したのではないかと捉えました。

    このシリーズは先が気になってページをめくる手が止まりませんが,この本では耀子が酷い仕打ちを受けることもあり,読んでいて辛い面もありました。その意味では,「地の星」の方が前向きで,元気をもらえます。

    このシリーズは続くとのこと,どのようにこれから物語が展開していくのか,とても楽しみです。

  • 「何もかも承知で好きなんだ」
    かっこよすぎる~

  • 「なでしこ物語」、「地の星 なでしこ物語」と読みついだ人は、前作で耀子が立海ではない相手と結ばれていることを知るのだが、本書でその経緯が明らかになる。

    というより、その間を埋めるために本書は書かれたようなものだ。

    前作はむしろお仕事小説に近かったが、本書は一作目の叙情性を引き継ぐものとなっている。

  • 「地の星」を読んで、なんで耀子は立海じゃなくて龍治を選んだんだろう、と思っていたけど、こんなことがあったのね。母に捨てられ、誰かに大切に思われるということがどういうことかわからない、と語った耀子に、君は宝物だと龍治が伝えるシーンが好き。泣いている立海と耀子を海までドライブに連れて行った龍治が好き。この本を先に読んだら、「地の星」の印象も変わったかな。「何もかも承知で好きなんだ」

  •  二作目で、急に大人になっちゃったから、ちょっと置いてきぼり感があったんだけど、その間にこんな展開があったなんて。

     正直、二作と三作は順番が逆の方が、自分の中でしっくりくるんだけど。それを置いてもすごく良かった。楽しい三人の夏休み。永遠に続けばいいと思っても、それは叶わぬ事だから愛おしい。

     もう一回地の星を読もう。 

  • 遠州峰生の名家・遠藤家の邸宅として親しまれた常夏荘。
    幼少期にこの屋敷に引き取られた耀子は寂しい境遇にあっても、周囲の人々の優しさに支えられて子ども時代を生き抜いてきた。

    18歳になった耀子は、誰にも告げずに常夏荘を出る。
    バスの中、4年前のあの夏を思い出す。久しぶりに常夏荘を訪れた立海と過ごした日々―。

    ・・・「なでし子物語」の続編「地の星」をすっとばして、こちらを先に読んじゃったけど、大丈夫かな?w

    まさか、ヨウヨ(耀子)にこんな未来が待ち受けていたとは・・・。

    それにしても、竜治カッコいいなー♡w
    私は断然、竜治派ですwww

  • なでし子物語を読了後、「地の星」が次と思ったけれど、順番的にこちらが時系列に沿っているとのこと。すぐに「天の花」を手にとった。

    2人が離れ離れになってから、少し経ったところで物語が始まり、とても自然に入り込めた。まさにこの巻で展開が、そして運命が、大きく動いている。

    相変わらず立海は一生懸命で可愛らしく、守ってあげたくなるね。一方で、今までは冷たいやつという印象しかなかった龍治が、優しさもあり繊細でミステリアス、独特の魅力を放っている。イイ男だとは思う。
    そしてしょうがないけれど、圧倒的に“大人”でしたね。
    ひやりとするような危うさがあるけれど、それでも。(いやそれがまた魅力?)あんな救出劇まで繰り出して、この時点では確かに立海には勝ち目ない……
    (ただ、龍治は耀子に“女”として惚れたというより、彼女を守る為に籍を入れたような気もしてる)
    そして最後は子どもまでいるとな!
    まさかそこまでの展開になろうとは。

    龍治も悪い人ではないけれど、今まで立海と耀子の強い繋がりを見守ってきた身としては、このままでは終わってほしくないという気持ちが捨てきれない……
    特に立海の心情を思うとつらい……もやもや。

    次巻、「地の星」へ。

  • 1冊目と2冊目のインターミッションという感じでしょうか。
    物語の補完という枠から出ず、1冊目があまりに素晴らしかったのでやや期待はずれでした。
    続編に期待します。

  • なんで立海でなく龍治と結婚したのか疑問でしたが、こういう事だったのね。
    でも、でも、納得できません。

全37件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

伊吹有喜(いぶき・ゆき)
1969年三重県生まれ。三重県立四日市高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。四日市市観光大使。1991年に出版社に入社。雑誌主催のイベント関連業務、着物雑誌編集部、ファッション誌編集部を経て、フリーライターになる。2008年に永島順子(ながしま・じゅんこ)名義で応募した『風待ちのひと』(応募時のタイトルは「夏の終わりのトラヴィアータ」)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。2009年に筆名とタイトルを改め同作で小説家デビュー。2014年『ミッドナイト・バス』で第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補。2017年『彼方の友へ』(実業之日本社)本作で第158回直木賞候補。

天の花 なでし子物語のその他の作品

天の花 なでし子物語 Kindle版 天の花 なでし子物語 伊吹有喜

伊吹有喜の作品

ツイートする