([こ]6-1)おとめの流儀。 (ポプラ文庫)

著者 :
  • ポプラ社
3.47
  • (1)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591156858

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっとなぎなたを持ってみたくなった。やる根性はないけど。
    真っ直ぐな聡子は心から応援したくなる。この健気な子の未来が明るいものであることを願って止まない。

  • 弱小部活の廃部の危機って話はよくあるものですが、よくあるドタバタ劇にはならずに、主人公を含む中学生達の成長の物語になってるところがいいですね。恋愛話に持って行かないのもいい。たまにはこういう清々しい話もいい。

著者プロフィール

1991年長野県生まれ。信州大学人文学部中退。2014年『気障でけっこうです』で第16回ボイルドエッグズ新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『今夜、きみは火星にもどる』『おとめの流儀。』『こちら文学少女になります』『ぼくのとなりにきみ』『ぼくらはその日まで』『悲しい話は終わりにしよう』『放課後ひとり同盟』『友情だねって感動してよ』がある。

「2019年 『行きたくない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小嶋陽太郎の作品

ツイートする