([ほ]4-3)活版印刷三日月堂 庭のアルバム (ポプラ文庫)

  • ポプラ社
4.24
  • (76)
  • (94)
  • (25)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 626
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591156865

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだまだ可能性がある。
    可能性を見つける。
    可能性を見いだす。
    可能性を信じて歩む。

  • 第三弾。

    神保町のフェアって、イメージは活版TOKYOだろうなぁ。
    ラストの出会いがどうなっていくのか。

  • 小さな活版印刷所「三日月堂」には、今日も悩みを抱えたお客がやってくる。店主の弓子が活字を拾い刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった想い。しかし三日月堂を続けていく中で、弓子自身も考えるところがあり…。転機を迎える、大好評シリーズ第三弾!

  • 「三日月堂」シリーズ第3弾。

    三日月堂を中心とした連作短編集。
    ○自分の仕事と周りの友人たちとの仕事を比べてうつうつしているタウン誌の男性。
    ○弓子さんの母親の同級生行違いがなくなるまで。
    ○弓子さんの母親を偲ぶ会のカードから触発され自分の描きたいものが見つかった高校生と、亡くなった祖父の気持ちに気がついた祖母の話。
    ○フェアで高校生が描いたカードを見た活版印刷を持っている印刷会社の社員と印刷とは何か、弓子さんの母親が育った土地との出会い。

    全てに共通するのは、ちょっと勇気を出して行動したり、気持ちを言葉で相手に伝えたら「自分の思っていたこと」とは違う結果になるかも。と思えること。勿論、相手の状況によっては悪い結果になるかもしれません。でも、少しだけ頑張ってみようかな。という読後感を持ちます。

    「ねえ、楓さん。わたし、ずっとひとりでやって来たけど、やっぱり人と作業するのって、楽しいな、って思った」。ひとりで活版に向き合ってきた弓子さんは誰かと一緒に活版に向き合っていきたいと思い、人と繋がります。弓子さんも三日月堂も段々と変わってのだなぁと思いました。

全81件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

ほしお さなえ
1964年東京都生まれ。作家・詩人。父に翻訳家・評論家の小鷹信光、夫に作家・思想家の東浩紀。
東京学芸大学卒業後、理工系出版社、大学研究補佐員をへて、作家活動へ。
95年「影をめくるとき」が第38回群像新人文学賞優秀作受賞して詩人としてデビュー。2002年には長編小説『ヘビイチゴ・サナトリウム』が、第12回鮎川哲也賞最終候補作となる。16年に刊行された『活版印刷三日月堂 星たちの栞』が話題を呼び、第5回静岡書店大賞(映像化したい文庫部門)を受賞するなど人気シリーズとなる。

ほしおさなえの作品

ツイートする