無敵の筋トレ食

著者 :
  • ポプラ社
3.95
  • (6)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591160985

作品紹介・あらすじ

あなたは、毎食、P(タンパク質)・F(脂質)・C(炭水化物)を何グラム食べているか、わかりますか?
筋トレ本が著者累計100万部突破。初の食事本。「朝・昼・晩の食事は、1日3回分の筋トレだ!」。ダイエッターから筋トレ中上級者まで、つらくない、我慢しない、無理なく続く、無敵の食べ方、食事管理術。

<内容>
はじめに 戦略的食事のインパクトは、筋トレを凌駕する
序章 知識もある。トレーニングもしている。しかし、なぜ肉体改造に失敗するのか
第1章 無敵の筋トレは食事に始まり食事に終わる
第2章 食べて絞る! 栄養で筋肉を仕上げる食事改革
第3章 筋肉を「盛る」、脂肪を「削る」ベスト食材
第4章 超実践的! 無敵の筋トレ食
第5章 それでもカラダが変わらない人へ
第6章 食事で変わる筋トレと人生の質

第1のルール[タンパク質摂取]P=20グラム以上をキープ
第2のルール[脂質摂取]F=10グラム、多くて20グラム
第3のルール[炭水化物摂取]C=摂取カロリーの55~65%が目安
「塩抜き」「水抜き」のキャッチーさに惚れるな
私の減量を変えた12グラムの「スーパー大麦」
いまやコンビニは除脂肪食の訓練所である
サラダチキン世代に届け! サバ缶・ツナ缶のすすめ
鶏むね肉がボディメイクにとって「最強の食材」である所以
バズーカ岡田的 ベスト献立2018
最高なのは、ホッケ、サバなどの焼き魚定食
食べ順は、①食物繊維 ②タンパク質 ③炭水化物
私が卵、大豆、乳製品に対して積極的でない理由

<著者>
岡田 隆(おかだ たかし)
1980年、愛知県出身。日本体育大学大学院体育科学研究科修了。東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程単位取得満期退学。

日本体育大学 体育学部 准教授/日本オリンピック委員会 強化スタッフ(柔道)/柔道全日本男子チーム 体力強化部門長/日本ボディビル&フィットネス連盟 選手強化委員/理学療法士/スポーツトレーナー/ボディビルダー/骨格筋評論家(バズーカ岡田)

『除脂肪メソッド ハンディ版』(ベースボール・マガジン社)、『2週間で腹を割る! 4分鬼筋トレ』(アチーブメント出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(サンマーク出版)など、著書多数。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現実に即した内容でとても勉強になります。自分のカラダで実践しなければもったいないですね。

  • 具体的な数字をあげての取得すべきカロリー、タンパク質、脂質、炭水化物の記載があり、参考になりそうだっ。
    体重60kgだと2400kcalって以外に少ないなと。

    またオススメの食材としてスーパー大麦やギリシアヨーグルトの紹介、コンビニを活用した簡単な食事例、簡単な調理を含めての食事例なども参考になりそうだった。

  • 太ってきたのでちょっと絞ろうと思い、モチベーションと何か新しい知識を入れようと思って購入。
    著者のことは通っているジムにポスターが張ってあって知った。
    新しい知識は特に得られず、あるとすればスーパー大麦なるものを知ったことくらいか。
    現代科学をもってしても高たんぱく低カロリー以外に勝るものはないのだということを再認識して、努力するモチベーションを高めるという意味では価値があった。

  • 食事は週に21度もチャンスのある筋トレととらえて生活していくのすごくよいなと思って実践中。食事バランス、摂取カロリーについてもイメージしやすかったし、紹介されてたスーパー大麦もつかってみたら結構恩恵でかかったしこの本読んでよかった。

  • 筋トレにフォーカスして詳しく記載があるものの、
    コンビニ食の推奨等、添加物等を考慮すると健康に対して懸念する部分もあった。

  • 日本体育大学で教鞭をとり、自らも競技者として第一線で活躍し続ける著者が試行錯誤の末たどり着いた「人生最高のボディメイク」を実現するための無敵の食事術を紹介した一冊。トレーニングの内容や精神論に終始しがちな筋トレ本(そういうのも好きだけど)において一日三回の食事の方が肉体改造に与える影響は大きいとしてその具体的な食事内容に踏み込んでおり大変参考になった。

    最も印象に残った言葉は、
    「焼け石に水と思われることであっても、水をかけ続ければいずれ鎮火する」

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1980年愛知県生まれ。日本体育大学体育学部体育学科准教授。日本体育大学大学院修了(体育科学修士)、東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。理学療法士。日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。日本オリンピック委員会強化スタッフ(柔道全日本男子チーム体力強化部門長)。ボディビルダーとしても活躍しており、2014年の東京オープン大会70㎏級および2016年日本社会人ボディビル選手権では初出場、初優勝を飾る。世界中のトレーニング法や食事法を研究し、肉体改造の効率的なメソッドを提唱している。また、骨格筋評論家“バズーカ岡田”という異名で、多数メディア出演しており、カラダにまつわる専門的な知識や理論を、ユニークかつわかりやすく発信している。

「2019年 『マンガでわかるカラダが激変する本気の筋トレ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田隆の作品

無敵の筋トレ食を本棚に登録しているひと

ツイートする