リアルプリンセス (ポプラ文庫)

  • ポプラ社
3.22
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591162767

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「頭に鍋、心に絶望」。これ好きすぎた。
    事情は全く笑い事じゃないんだけれど、この全ての不幸を笑いへと変えてしまう術さえあれば、絶望さえ希望に変えてくれる気がするんだ。
    人は抱えているものがあるからこそ、他人の痛みにも気付ける。繊細過ぎるほど見え過ぎてしまい苦しくなってしまうが、それにまた気が付き支えてくれる人の存在が、自分のこれまでを正しいと証明してくれている。いつか己の滑稽さを胸を張って、これが私の生き様だと話したい。
    リアルプリンセスの始まりがこの物語で、読み手に確かなパワーを与えてくれ、私の中では一番好きなお話でもありました。

    私の好きなプリンセス達は、必ずしもハッピーエンドになるとは限りません。悲しい別れもあります。でも彼女達に共通していることは、ガラスの靴が脱げようとも、裸足で傷だらけになりながらも、なりふり構わず駆けていく気持ちの強さを持ち続けていることでしょうか。
    強さは美しい。白馬もかぼちゃの馬車も、もう必要ない。この足で歩いていくの。

  • 特に印象に残った物語がラプンツェルと夢のあとでした。
    ラプンツェルは、初めて片思いした人に裏切られ、あそこまで復讐する必要性はないだろうと思ってしまいましたが、それほど彼女にとっては悔しくて、何もかもが信じられなくなってしまい人を利用してしまうことを覚えてしまった最後が非常に切なかった。序盤はすごくドキドキしたんだけど、美容師の男が恐ろしい。。笑
    夢のあとは、夢から覚めたあとがハッピーエンドで、色々失ったけれど1番失いたくないものは守れて、、、。
    最後は本当に泣けます。彼女の準備への執着心がこの結末を招くことができたのでしょうね…!

  • ラプンツェルと最後の夢のあとがとても好きだなぁ。
    どっちも終わり方がたまらなく好き。十二人の女も優しいお話だった。

著者プロフィール

寺地 はるな(てらち はるな)
1977年佐賀県生まれ。大阪府在住。2014年『ビオレタ』で第四回ポプラ社小説新人賞を受賞。
著書に『ミナトホテルの裏庭には』『月のぶどう』『今日のハチミツ、あしたの私』『みちづれはいても、ひとり』『架空の犬と嘘をつく猫』『大人は泣かないと思っていた』『正しい愛と理想の息子』がある。

寺地はるなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
寺地 はるな
辻村 深月
三浦 しをん
恩田 陸
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする