夏休みの空欄探し

著者 :
  • ポプラ社
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 247
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591174197

作品紹介・あらすじ

本に挟まれた暗号。
謎解きに挑む姉妹。
忘れらない夏が始まる。

会員が2名しかいないクイズ研究会会長の高校2年生・成田頼伸(ライ)は、クラス内で「じゃない方」と呼ばれている。ライと同じ姓で、ダンス同好会に所属する人気者・成田清春(キヨ)がいるからだ。クラスで「成田君」といえば、キヨのこと。「役立たたない」ことが好きなライと、大学受験に向けて効率重視で「役立つこと」が好きなキヨ。性格も対照的で、クラスでは決して交わることのなかった二人だが、夏休みの間、ひょんなことから、謎解きに挑む姉妹を手伝うことになる。謎解きの先で待つものとは――。

すべての謎が明かされた時、切なさと温かさが胸を満たす、青春恋愛ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 17歳の夏×謎解き=切なセイシュン!
    いやぁ、似鳥さん、これはずるい。
    同じ苗字を持つ学年人気度レイヤートップのクラスメイトと、「じゃない方」と呼ばれるオタクな僕と、偶然知り合った姉妹。4人で解いていく「謎」。
    紙とペンを持って一緒に暗号を解いていく。いやもう全然わからなくて、「すごいね君たち、そして行くつく先は恋かい(にやにや)」なんて思っていたのに!!!
    いや、そして主人公のライ君の「成長」もさることながら、キヨくんの変化!
    学校でのヒエラルキてっぺんで無敵なパリピに見えた彼の、そのもやもやとした悩みがライくんと接することでどんどん変わっていくその感じがもうたまりませんでした。
    10代のそれぞれの悩みも織り込んでまるっと一緒に駆け抜けた夏。
    こんな夏があったなら。一生忘れない時間が過ごせたなら。
    そうだよ、もう大丈夫。きっとずっと生きていける。はぁあああ。切なセイシュン!!

  • 謎が謎を呼ぶ謎解き青春恋愛ミステリーの大傑作の誕生です。謎解きが難解で読んでいてさっぱりわかりませんでした。そしてなじみのある市川市東山魁夷記念館が出てきてびっくり休憩室に行ったこともあり目に浮かんでしまいました。ラストの驚愕の真実にはびっくりそして悲しくて涙涙でした。あなたも読んで感動して下さい。涙して下さい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1981年千葉県生まれ。2006年『理由あって冬に出る』で第16回鮎川哲也賞に佳作入選しデビュー。デビュー作に連なる「市立高校」シリーズ、「戦力外捜査官」シリーズ、「楓ヶ丘動物園」シリーズなどの人気シリーズの他に『パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から』『迫りくる自分』『シャーロック・ホームズの不均衡』『レジまでの推理~本屋さんの名探偵~』『101教室』『シャーロック・ホームズの十字架』『彼女の色に届くまで』『100億人のヨリコさん』『名探偵誕生』『叙述トリック短編集』『そこにいるのに』がある。

「2021年 『コミュ障探偵の地味すぎる事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

似鳥鶏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
知念 実希人
今村 昌弘
米澤 穂信
青山 美智子
米澤 穂信
宇佐見りん
織守 きょうや
新川 帆立
辻村 深月
坂木司
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×