はみだしっ子 1 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.91
  • (8)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592110217

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵は好きになれないなあ、と思いながら読んでいて結局最後にはハマった。

  • 小さい頃から家にありました。
    今や薄汚れてしまった単行本。
    題は「われらはみだしっ子」
    凄く古い絵なんだけど、なぜかスラスラと読めてしまう。
    アンジーが大好きで、皆が幸せになれないのが歯がゆい。
    きっとずっと持ってる本だと思います。

  • 読んでなかったら今の私じゃない
    相当

  • 親から逃げ出した4人の子ども達が強く生きていく姿を書いた物語。
    死・生・命・親・愛・罪。あらゆることを投げかけてくる作品。これを少女マンガ雑誌によく連載できたと思う。
    以下13巻で完結。

  • 全13巻(最終巻のみ紛失し、文庫本で買い足しました)。
    これも色あせることのない名作だと思います。
    この人ほど明るい笑いと胸の締め付けられるようなシリアスを織り交ぜることができる作家はみあたりませんね。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

漫画家。1975~81年にわたり「花とゆめ」で連載された『はみだしっ子』シリーズが大ヒット、熱狂的支持層を獲得。ほか代表作に『X Day』『ムーン・ライティング』シリーズなど。1995年、病没。

三原順の作品

ツイートする