ガラスの仮面 (第27巻) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.78
  • (20)
  • (23)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 201
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592111177

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミック: 187ページ
    出版社: 白泉社 (1983/11/1)

  • ガラかめ楽しいなー!!たぶんここ10巻ぐらいの展開は大きく変わっていないような気がするのだけど、役を研究して、舞台に立つ。という図式は、役者の世界はよく知らないけど、まさに役者を映し出しているような気がする。

  • ふたりの王女は、マヤと亜弓さんの記念すべき競演作品だけあって、稽古の過程も、本番の舞台もとても丁寧に描かれている。マヤにアルディスの才能を見出した月影先生はさすが。

  • 「ふたりの王女」本番初日のラストとカーテンコールまで。

    長かった「ふたりの王女」もこの巻で初日が終わる。

    亜弓さん好きとしてはニッコリが嬉しい。

  • 【M】

  • いよいよ『ふたりの王女』も最終幕!亜弓演じる王女オリゲルドの復讐劇が完結します。
    ストーリー自体がとても波乱万丈で引き込まれるので、普通に読んでも面白ぃですが、所々で光る亜弓とマヤの演技にも注目です♪

全5件中 1 - 5件を表示

美内すずえの作品

ツイートする