日出処の天子 (第11巻) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.00
  • (7)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (114ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592112419

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書: 114ページ
    出版社: 白泉社 (1984)

  • 文庫の方で全部読んだのだけど、おまけ漫画があるということでこちらもお借りした。
    うーむ、やはり厩戸は良い。

  • 一気に読んでしまった。面白すぎた。。

  • 日出処の天子・楽屋裏
    あらら・内輪話所収
    裏見返し
    厩戸皇子を、いつしか愛し始めていた刀自古。毛人を思う厩戸。一方、毛人は布都姫への愛を選び、その布都姫は自らの命をかけて毛人との子を残す。それぞれの思いが交錯する中、無情にも歴史は動いていく。山岸凉子の歴史巨編「日出処の天子」、第11巻をもって遂に完結!!

  • 少女マンガ界の金字塔といえるでしょう。ファンタジーでありながら歴史に忠実であろうとする山岸さんを尊敬してます

  • 全11巻。
    これはほんっとに読んどけ!!リストに入る名作。
    読んどけ〜!!!

全5件中 1 - 5件を表示

山岸凉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

日出処の天子 (第11巻) (花とゆめCOMICS)はこんな本です

ツイートする