パッション・パレード―朱鷺色三角 2 (1) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社 (1987年10月発売)
3.53
  • (9)
  • (4)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592113980

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バスケット/アメリカ
    17.09.28 新規up

    全06巻 完結

  • 全6巻。舞台はアメリカへ。

  • リンがアメリカにバスケット留学した以降の話。
    アメリカの高校生と、そこに入る日本人留学生がすごくリアルに描かれている。

    リンが努力を続ける姿を見ると、自分ももっと努力しなくちゃなあと思うし、
    成功したリンをうれしく思う。

  • 舞台がアメリカに移り、
    シリーズ1作目よりドロドロ感は希薄になってる

    でも、ラストは結局、血の因縁は断ち切れないのね

    と。

    これも処分してしまった

    後悔

  • 【完結済】<全6巻>
    ラストがああなるなら、話の殆どの霖(りん)留学編っていらないよね?この作品が発表された時代なら珍しいのかもしれないけど、留学におけるカルチャーショックやら文化摩擦やら目新しくもなんともない。それが延々と続く。
    朱鷺色三角の時は零(れい)の話が邪魔だったけど、パッション・パレードでは逆。ラストがああなるなら零中心でいった方がよかったのではないだろうか設定が年の差カップルていう美味しいはずなのに、留学やらなんやらすごーく勿体無かった!

  • 全6巻

  • 全6巻

  • 朱鷺色三角の続編。霖がアメリカに来てからの話です。それにしても霖は天然無自覚タラシですよね…(笑)ジューンの苦労が目に見えるようです(^_^;)ちなみに実は零&蕾が好きでしたv 何度読んでも面白い作品v /全6巻

  • トライアングルの続編。
    舞台は日本から一気にアメリカへ。主人公のバスケへと物語はシフトしますが、基本の軸は変らず。初めて「ファック」というスラングを知った作品かもしれない(笑)

  • 全6巻。<br>「朱鷺色三角」の続編。舞台はアメリカへ。

全12件中 1 - 10件を表示

パッション・パレード―朱鷺色三角 2 (1) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

樹なつみの作品

ツイートする