ぼくの地球を守って (6) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社 (1989年3月発売)
3.70
  • (35)
  • (22)
  • (71)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :343
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592114901

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 繻子蘭、今まであんまり目立ったエピソードは無かったけれど、好きになりました。
    同時に槐の一途さにも好感持てた。

    未来路くんて日渡先生が過去に描いてたSFまんがの主人公だったのね。
    どうりでそれっぽい名前だと思った(笑)

  • 【再読】未来路の子供時代の話が好き。母親が語るのが良い。おでんとグラタンはここで出てきたんだっけ。

  • 01074
    K001
    K-9999999-001

  • 所在:実家

  • 同調連鎖の一巻。

  •  だんだん話が核心に迫ってきてます。この話のすごいところって、どのキャラにもちゃんとそれぞれの役割が振られてて、無駄なキャラがいないところだと思う。

全6件中 1 - 6件を表示

日渡早紀の作品

ツイートする