記憶鮮明 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.34
  • (5)
  • (6)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592117421

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回も超能力をキーワードにチョイス。
    ぼく地球が有名な先生で、私は雑誌で最初から最後まで読んだんですが、その前の悪魔くんシリーズの方が私は好きでした。で、これはそれより前なのかな。私は雑誌じゃなくて単行本で読んでます。今は文庫が出てますが、あえて古い単行本を選んだ理由は、やはりここに収録の2作が好きだから♪ 絵柄が変わったのもあるけど、このころのお話の雰囲気も好きなのです。
    舞台は(多分)近未来のアメリカ。爆発犯を目撃して死亡したスリの少女から作られたクローン(3体)が主人公です。(メインはそのうちの1人ですが)
    作者の他の作品にも出てくるEPIAという超能力者の団体みたいのも当時の私には新鮮な発想でした。あと、この話は映画を意識した作りになってるのも新鮮で、好きでした。この話なら実写版作れそうだし、観てみたいかも。
    同じ登場人物のシリーズの話がもう一本収録されてますが、もっと他の話も見たくなります。が、先生の絵柄がだいぶ変わったので、今となっては悩ましい気持ちもします。
    【効能】超能力、SF、ミステリー、映画(特に昔の外国映画)、恋愛、家族モノ好きに効き目あり。
    【副作用】昔の外国映画を観たくなります。

  • ・記憶鮮明
     ⇒爆破事件の犯人を見たパセリ・モーガン。
      事件解決のためクローンとして、イングリット、オードリー、リズが作られた。
    ・そして彼女は両眼を塞ぐ
     ⇒リズは恋人ジョジョのマンションに押し掛ける。
      そこで同じマンションに住むナンシーと出会う。

    ぼく地球の原点的話らしかったので読んでみたが、結構好き。
    昔のマンガなので絵は古い。

  • 記憶鮮明と 続編の そして彼女は両目を塞ぐ を収録。

  • 日渡早紀

  • 日渡早紀さんのマンガは私の青春時代なんです。
    天文学の好きな日渡さんの作品のスケールはとても広大で心に残るものが多い。
    「星はすばる」もそう。
    なんだか今でも「あのマンガ良かったなぁ〜」と思ってしまいます。

  • SFサスペンス。

全7件中 1 - 7件を表示

記憶鮮明 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

記憶鮮明 (白泉社文庫) Kindle版 記憶鮮明 (白泉社文庫) 日渡早紀
記憶鮮明 (白泉社文庫) 文庫 記憶鮮明 (白泉社文庫) 日渡早紀

日渡早紀の作品

ツイートする