ロリータの詩集 第1巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.69
  • (17)
  • (7)
  • (35)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :96
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592120438

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりに読み返し。
    実家から持って来て、その後の漫画整頓にも耐えた一品。
    線の細い絵と静かな展開がどんぴしゃ好みなのである。

  • 「フツウ」に生きられない彼ら・彼女ら。
    でも、だれよりも一所懸命に生きている。

    この枠の中で生きなさいって、だれが決めた?

  • この人のお話で、初めて漫画で泣いた記憶があります。

  • 1~3巻。

  • 作者さんに会いたい。

  • 全3巻

    一話に必ず詩が織り込まれている。
    タイトルと絵柄に惚れて、購入。
    全体的に静かだけど、ココロの底を揺さぶられるシーンもある。
    先輩(眼鏡をかけた医者の息子)が素敵。

  • 小学校の時に読んだ漫画、シュールだよ。今見たらタイトルで普通に手に取らんが良い作品だと思う。まぁ、タイトルみて分かるんですが、短編の最後に詩が書かれてるですがそれは良いとは言えないけど作品全体の空気感はとても落ち着いてていいと思う。

  • 「言葉」という概念を持つきっかけは、これかもしれない。
    ストーリ内の微妙なアップダウンに感情揺さぶられた。

  • あまり知られてない名作だと思う。

  • こんなタイトルですがロリータとは全く関係ありません。
    無感情な感じの女の子が主役。

全11件中 1 - 10件を表示

山中音和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ロリータの詩集 第1巻 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ツイートする