羊たちは何を見た 第1巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.23
  • (6)
  • (6)
  • (55)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592123668

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中古セールで購入。やっぱり今読んでもいい作品です。

  • この作品は私の世界観を揺るがす程
    衝撃的でした。そして多分購入した漫画の中で
    一番何度も何度も繰り返し読んだ
    宝物のような本。

    大人からみたら子供どうしの拙い戯れのような恋。
    でも実の所 一瞬でお互いが瞳をとらわれるような
    激しい恋に落ちる二人。

    女の子は育ちの良さそうなふんわりとしたかわいらしい子で
    男の子はやんちゃで生意気で、でも格好よくて・・・

    っと全部ネタバレしてしまいそうだ・・・(・_・;)

    ✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻

    とてもせつなく、純粋に、一心に恋する
    二人をきっと応援したくなります☆

    一生に一度は読んでほしい作品の一つです。

  • 最近幼なじみ→大人になる過程での恋愛物が好きかもしんない…。
    障害がめちゃくちゃあるやつ。

    小学生の時の話はけっこう黒いね。
    あんな愛情表現がストレートにできる小学生男子。実際にいるのか?
    意外とものわかりがよくなる桃子の母がよいね。

    高校生になってえらくヒロが頑張ってるのと、
    桃子を好きな男の子がヒロとも仲良くなっちゃって頑張っちゃうのが可愛い。
    やたらほんわかラブストーリーになるとは…。
    しかし、エレベーターで再開する場面は好きです。
    キスだけして、あと3年待っちゃうんだー…みたいな。すげえ。

  • 森生 まさみさんの本は大好きのほのほしてそうで時々すごい残酷。そのギャップがいい。
    この話は小学生が駆け落ちする話なんだけど。。。
    お勧めです。

  • 全巻読了。

全5件中 1 - 5件を表示

森生まさみの作品

ツイートする