八雲立つ (6) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.42
  • (15)
  • (10)
  • (61)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :225
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592124818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この巻から古代編がスタート。
    ただ、古代編だと闇己くんの先祖であるマナシくんが、まだキャラが弱いかな…。

    原題の闇己くんのキャラがとにかく強烈に強く美し過ぎるので、ちょっと内容までが弱く感じちゃった。

    原題編では、闇己くんがなんでもできる超能力者ではなく、シャーマンといった現実的な存在なんだってことがわかるお話になっていました。

    ちょっとヤバい勘違い女子に「現実の自分を認めなくちゃダメだ。妄想に逃げていては破滅するぞ!」と忠告する闇己くんに、構内のたくさんの女子が惚れまくっていることがわかるシーンで「やっぱりモテるよね…」って思いました。

  • 実父に会い動揺する闇己。
    しをりを東京へ連れて行こうとする七地。
    しをりは神剣を盗もうとするが、誤って人を突き落してしまう。
    そこに眞前が現れ、しをりを連れて行く。

    古代編。
    東出雲のミカチヒコは、殺されるために西出雲を訪れ、無能なシャーマン、マナシと出会う。
    マナシも殺されるためにミカチヒコに近づいていた。
    そこでマナシは綺羅の神をおろす。

  • 這集看得我好開心XDD 封面是真名志~和鍛劍師甕智彥~~~啊>///< 是說這部闇己和七地,在同人圈一定老早就被配在一起了XD

    闇己冒著生命危險,終於從峭壁中逃生,負傷回來卻看到七地和詩織抱在一起...頓時...醋勁大發XDD 不過詩織聽到七地安慰闇己的話,也感到很不安...這就是三角關係啊XDDD 可惜詩織年紀太小了,想偷劍報答七地但是失敗~雖然闇己也才16~17歲啦,不過像《天國少女》(花開青少年)的方立人(青文翻:仿立人)那樣,「擬態」而顯得老氣~

    這集開始,作者樹夏實似乎卯起來大發便當...

    生靈女白井是壞人腳色,所以長得很不怎麼樣...真是可憐...
    他自我感覺超良好的思想方式也真了不起...

  • 惰性で読んでる

  • 5月
    7冊目

  • ファンシーパジャマの七地…

全6件中 1 - 6件を表示

八雲立つ (6) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

樹なつみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする