陰陽師 (1) (Jets comics)

著者 :
  • 白泉社
3.70
  • (148)
  • (142)
  • (311)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1114
レビュー : 147
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592132110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初はすっごく楽しくて、絵もキレイだし発売が待ち遠しかった。が、書き手がいろいろ知ってきたせいか、本ストーリーと関係ない話が出てきたり、説明書っぽくなったりして読むのが面倒になってしまった。マンガなのに字が多いといおうか。マンガは文字で表現しづらいところを、さらっと見せる良さがあるので、それが生きてないのは残念。たしか12巻くらいで止まっている……。清明に子供ができたあたり。小説でそんなん読みたくないなぁ。

  • 絵の好みは分かれると思いますが、がんばった作品だと思います。

  • 最終巻ではもう、わけがわからない程難解になってしまいますが、この辺りはまだ、夢枕獏の世界を忠実(?)に再現してます。そして、その世界を裏切ることなく、かといってただの従順な状態でなく別個のものとして存在、共存しています。スバラシイです。

  • 図書館の本

    安倍清明は気になっていたのですが、あまりにもブームになってしまっていたので暫く放置しておりました。ふと図書館でこの漫画にめぐりあったので借りてきました。

    安倍清明はおちゃめさんだったの?という描かれ方。まぁ、貴族社会、優美であることの要素の1つにユーモアもあったはずではありますが。。。

    式神がかわいい。桜も密虫も。
    「如」のエピソードが好きです。

    やっぱり名前って大事なんですね。

  • 全13巻読了。原作とは大分違う話になりました。絵が陰陽師の世界観とあっています。ただ原作に比べて博雅が清明においていかれているような感じがして寂しい。

  • 菅公がおもろー。

  • 繊細な線で紡ぎ出される物語。美しいです。終盤話が難しくなって脱落しかけましたが、最後までなんとか読破しました。いやはや壮大です。

  • 1〜13巻(完結)。

  • この人の絵はまったくもってビミョーだが、台詞が死ぬほどイイのである。大貴族藤原兄弟に痺れる。清明さまなんて名セリフ集をつくりたいくらい。

  • 途中から難しくなってくるのですが、最初の数冊は読みやすくて面白い。

全147件中 51 - 60件を表示

陰陽師 (1) (Jets comics)のその他の作品

岡野玲子の作品

ツイートする