陰陽師 (3) (Jets comics)

著者 :
  • 白泉社
3.57
  • (41)
  • (47)
  • (130)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 529
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592132134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 真葛かわいい。実は狐じゃないかとか晴明の母じゃないかとか邪推してたらぜんぜん違った。

    絵がきれいで平安時代にマッチしてる!
    晴明の髪の乱れが色っぽい←

  • 『黒川主』と『鬼やらい』の2つの話。黒川主のほうは描写が怪しく艶めかしくて圧倒されました。黒川主のことも賀茂忠輔のことも責めない。やるべきことをしたまで、誰も悪くないと言う晴明の姿を見て、しみじみと「おまえは優しい男なのだな」と博雅が言うところがいいですね。鬼やらいのほうはおどろおどろしい鬼達が出てくるのに怖いというより博雅の活躍に爆笑でした。壊れた玄象を抱いてさめざめと泣く博雅に胸熱です。「おまえは奥ゆかしいのだな 晴明」と淡雪を見上げながら語るシーンはほんとうに趣深いですね。

  • 「黒川主」と「鬼やらい」の二話を収録しています。

    「黒川主」は原作に近い内容です。「鬼やらい」は、博雅と玄象および祐姫がふたたび出会うことで、物語がはじまります。鬼を祓う追儺の儀式で大舎人が務める「方相氏」の役目を担う人びとが次々に病にかかり、殿上人であるはずの博雅が代役を果たすことになります。祐姫が現われて、シリアスな展開になりそうなところなのですが、博雅のコミカルさが強く押し出されていて、たのしめます。

  • 2018/11/20 詳細は、こちらをご覧ください。
    『あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート』 → http://pasobo2010.blog.fc2.com/blog-entry-1036.html
     
    陰陽師 (3) (Jets comics)  六合 (リクゴウ)

    「黒川主」 鮎の季節 獺(かわうそ)、かじか、麻
    鵜飼の賀茂忠輔、孫娘 綾子は黒川主に魂を抜かれたのか・・・。
    最後に「これは獺との因果、だれもがやるべきことをしただけ」という晴明。

    「鬼やらい」
    祐姫&民部卿元方 VS 安子&憲平 
    博雅の方相氏と 祭文を読む晴明 追儺で 鬼を祓う

    追儺(ついな)= 鬼やらい 12月の晦日の夜に禁中で疫鬼を払う儀式

    2015/11/13 友人に借りる。 11/15 読み始め一気に読み終わる。

  • 2015.12.12市立図書館(長女)
    六合の巻「黒川主(中編)」「鬼やらい(短編)」
    獣が娘のもとに通ってくる怖い話は各地にあるなぁ。それにしても、この絵、この話はあやしさとすごみ満点。梨木香歩「家守綺譚」の世界とかなり近い。
    鬼やらいは例の琵琶・玄象がふたたび登場。濃い顔百面相の博雅がかわいい。ポカフェの晴明もときどきかわいい。

  • またテンション上がってきた。個人的に、この作品には分かりやすいインパクトを求めるのか「黒川主」はエロティックな猫写もあって惹きつけられた。作品全体も、色々なスタイルの作品をミックスした作品のように見える。

  • 熱帯雨林の中古。300円くらい。それでも安い。小説と同時進行で読んでいくとわかりやすくて面白い。この巻は博雅の目がよくまんまるになった。

  • 絵がしっかりしていて雰囲気がある。
    宮中行事にもちゃんと意味があるんだなぁ…。
    黒川主の話は、奇譚としてもかなり秀逸。

  • 何ともエロティック。そして、博雅のキュートさに磨きがかかっている巻。

  • (2013-05-18L)

全20件中 1 - 10件を表示

陰陽師 (3) (Jets comics)のその他の作品

岡野玲子の作品

ツイートする