なんて素敵にジャパネスク―愛蔵版 (1) (ジェッツコミックス)

著者 :
  • 白泉社
3.65
  • (12)
  • (13)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :83
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592142119

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 台灣也有愛藏版喔!真是令人高興!
    而且為了買絕版的其中1集~愛藏版我買了接近2套orz
    (而且我也有舊版小本的XD)




    之前看的是大然版,現在看的是青文愛藏版。兩套都有買,希望有時間可以寫比較文(遙遠的某日吧XD) 話說這套愛藏版因為某幾集絕版的緣故,我買了兩套~重複的集數現在還不知道該如何是好哩@@;

    這套愛藏板,開數為大本,每集都有彩頁8張加上描圖紙,內頁印刷用紙也比平常的漫畫用紙更加滑順(解析度較高!?),且愛藏版1集等於普通版2集的內容量,所以1本$150其實挺划算的。(現在很多小本單行本都漲到100以上了……)

    總之,這套作品是我認識平安時代貴族文化的教科書XD 但又不會像《源氏物語》那樣光是翻開就有壓力XD|||(雖然漫畫版整套也買了~~~)《瑠璃公主大冒險》的橋段不會蠢到讓人想把書丟開,還可以認識比如說古代人的求婚方法~不斷寄信,回信等於接受求婚等。訪妻制的婚禮方式,天亮前男方就得回家,且回家後=清晨時,必須馬上寄封「後朝之文」給女方才是禮貌等等。清少納言<枕草子>也有相關的描述哩。

    以上是講文化與制度。劇情方便,如高彬得到青梅竹馬確認婚約的方式,翻譯也很有趣!瑠璃以為高彬要把自己交給權少將時,心想:「啊!萬事休矣!」XD 我很喜歡這句XDD

    接著幾次初夜失敗,然後弟弟融的刀傷事件,入道、鷹男和藤宮公主豋場。這部的情結總是可以安排得非常流暢,理所當然的帶入一波波相差很大卻又有所關聯的故事。到這集最後,鷹男還在懷疑為何高彬會想娶瑠璃這種奇怪的妻子XD

  • 小学生以来の再読。
    面白い。

  • 言わずと知れた、押しも押されぬ名作少女マンガ。コバルト文庫から出ている氷室冴子著作の同名小説を原作とした、平安ものの草分けかつ金字塔でもある作品。…だと、私は勝手に思ってるけど。でも、そう思ってるのはきっと私だけじゃないハズー。それくらい、ずっと皆に愛され続けている作品です。まだ高校生だった頃に初めて原作小説に出逢ってハマッて、マンガ化された当作にもハマッて、文庫もコミックも全部手元にそろえて何度も何度も読み返していたものでした。それくらいダイスキな作品です。そろえていたハズの原作文庫&コミック単行本は、何やかやあって今や手元から失われて久しいのですが(T-T)、昨今の私の中の“平安ものにハマッちゃってるんです”フィーバーが高じて、どうしてもまた読みたくなって、とうとうストレスを晴らすかのごとく手を出してしまいました。で、せっかくだから、愛蔵版でそろえることにしました。全7巻。…ま、古本ですけどねッ★(^△^;) でも、愛蔵版で買って正解! ホント言うと、マンガの方にも文庫版が出てることだし、そっちにしようかと迷っていたんですが、やっぱダンゼンコッチですね! サイズがコミック単行本よりも1まわり大きい新書サイズなので読み易い、というのはモチロンのこと。あと、巻頭にカラー口絵が付いていたり、雑誌掲載時のカラーページも全部じゃないですが収録されていたり、巻末には小さいですが扉絵ギャラリーが付いていたり、していますので。ファンとしては、そこちょっと嬉しい♪ でも、コミック単行本だと余白に作者コメントが付いてたりするものですが、愛蔵版は、それが一切ありません。後書きページもありません。ので、作者近況ファンとしては、そこちょっとガッカリ感もあるかもしれません。お金に余力のある人は、単行本と愛蔵版と、やはり両方をそろえるのがよいかも。余裕がなければ文庫版が最もリーズナブルかと思います。仕様やオプションは異なれど、どれ買っても作品自体は一緒ですから。どれでもいいので、とにかく一度は読んで欲しい、っていう逸品ですよこれは! ゼヒおすすめ!

    そして今度は…いま単行本で続々刊行中の続編“人妻編”が待っている! 原作は既に読んでおりますが、これに負けず劣らず、これまたムチャクチャ面白いのだー!\(^▽^)/ しかし、この勢いのまま出てるところまで読んでしまうべきか、とりあえず完結するのを待ってから一気に読むべきか…そこもまた悩みドコロですねー(-_-;)

    しかし、本当に…こんな素敵な作品なのに、もう永遠に続きを読むことができないのかと思うと我知らず涙が出ます。
    お亡くなりになった原作者のご冥福を心よりお祈りいたします。

  • 愛蔵版ではなくて1−11巻のコミックですが、大好きでなんども読みました♪

  • これはほんとに、おもしろい!のひとこと。

  • 全7巻☆
    3〜7

  • コミック版全11巻。
    愛蔵版全7巻。

  • 人妻編より面白いと思う。瑠璃さんの勘のよさに憧れます。

  • 氷室冴子原作の平安貴族のお話。この時代のこともわかって面白い。

  • 読んでてスカッとする作品。
    古文とか平安時代の事とか詳しく知らなくても読めます。ある程度のことならば作中で説明してくれてますし、現代風にわかりやすく描かれていることもしばしば。
    当時のお姫様らしからぬ瑠璃姫の行動力がとても魅力的。
    もちろんサブキャラも個性豊か。個人的には守弥と煌姫がとても愉快でした。
    続編になる人妻編も相変わらずのノリとテンポで楽しいですよ。
    原作の小説もありまして、そちらもオススメです。
    ただイラストが後藤星さんVerしか最近はみかけないですね。もちろん後藤星さんのイラストも独特の繊細さが綺麗でオススメですよ。
    マンガと原作と合わせてオススメです。

全15件中 1 - 10件を表示

山内直実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

なんて素敵にジャパネスク―愛蔵版 (1) (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

ツイートする