大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

  • 白泉社
3.95
  • (1023)
  • (722)
  • (1099)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 5640
レビュー : 716
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6巻まで読んだー

    まず「良くできてるな」と思い、世界観に引き込まれ。

    絵も凄く綺麗だし

    映画は残念なにおいがしたので観なかったけれども…

  • 映画を見たので読み返したくなって。

  • 男女逆転大奥面白い。歴史に詳しくないので途中で混乱したりもしたけど、最後でばちっと繋がってはーなるほどーってなった。

  • 設定が面白い。
    なかなか奥が深いです、学生の頃に読んでもこんなに楽しめなかったかも。
    大人向け

  • 読んでびっくり、男女逆の設定なのか。女のどろどろした世界の話かと思っていたら男だったとは…。まだ一巻しか読んでいないけれどとっても面白そう、期待。5巻まで読んだ~。どきどき。

  • 映画は、蔵様の配役ミスった気がするお

  • 男女逆転大奥。

    時代は吉宗の時代。
    吉宗の間部に向けた一言が格好いいの一言。
    そのあともちゃんと最後は気持ちよく終わらせてくれる。

    ハッピーエンドのように見えるけど、
    没日録を読み始めて、これから何がおこるのか楽しみ。

  • 男女逆転の大奥。
    設定もですが、内容はとにかく面白いです。ところどころが史実ベースなのも、嬉しいところ(笑)

  • まだ、あんま読んでないけどおもしろそう。

  • 都合により漫画を読むことが2000年頃から激減した。
    実はよしながふみの作品を読むのは初めて。
    彼女の作品の何から読もうか考えたのだが
    映画化もされたということで「大奥」を読むことにした。

    “男女逆転”ということは映画でもさかんにいわれていたので
    そのことについての衝撃はなかったのだが
    “逆転”を通して描かれている
    男と女の微妙な力関係、男と女という2つの性が生み出した制度についての彼女の見識が浮かび上がるように描かれているのに感心した。
    2、3まで読んだが
    1巻は序章という感じで、2巻以降さらに面白くなっていた。

    その作者は作家として力ありますね。
    主要作品は読んでみることにします。

全716件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

よしなが ふみ
東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒、同大学院法学研究科中退。代表作の『西洋骨董洋菓子店』は2001年にドラマ化されたうえ、翌年2002年第26回(平成14年度)講談社漫画賞少女部門受賞。白泉社「月刊メロディ」で『大奥』を連載しており、2006年第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、2010年に実写映画化されている。
ほかの作品に、『フラワー・オブ・ライフ』『愛がなくても喰ってゆけます』『愛すべき娘たち』『こどもの体温』『きのう何食べた?』などがある。

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))のその他の作品

よしながふみの作品

ツイートする