大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

  • 白泉社
3.95
  • (1023)
  • (722)
  • (1099)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 5640
レビュー : 716
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592143017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  一発ネタの感が拭えない……パラレルなら開き直ればよいのに、最初の話の受けがよかったためか、その後長々と回想で「なぜあのような世界になったか」について延々やられてもイマイチ。全体に台詞が長く、詰め込みすぎて読みづらいのも難。

  • 映画・ドラマなどでヒットしていることは知っていたが、全く興味がわかず・・・
    先日、知人に半強制的に薦められ、はじめて大奥の世界へ。
    男女が逆転している話だが、ふぅ~ん・・・って感じ。

  • 健全な男の子にはちょっと・・・

  • 2巻まで読了。まさか俺にコレ系の漫画を貸すかねー。男女逆転の発想が凄いと話題だけれど、やっぱりホモ臭い話はどうにも苦手だ。てか無理無理だ…。

    • しのっちさん
      もろホモ・ゲイマンガもあるぞ。いつでも貸すぞ
      もろホモ・ゲイマンガもあるぞ。いつでも貸すぞ
      2010/07/02
  • 『若年の男子だけがかかる疫病が江戸時代に大流行して、男女比が1:4になってしまい、男女の役割が完全に逆転した世界での江戸城大奥の話』というあらすじを聞いて想像してたのは、殿(女)の気を引くために美しい男たちが競い合う、ある意味ラブコメみたいな話だったのだけど、読んでみたら意外やシリアス。男の世継ぎが絶え、女が将軍になるまでの政治的なやり取りなど、舞台設定をまじめにシミュレーションした感じ。よって、全般的に重苦しい。

    大体、大奥なんて場所は世継ぎを作るのが目的とはいえ、殿(男)が数いる美女に平等に愛情を注げて、その状況を楽しめているから成り立っているわけで、一人の愛情を求める(ことが多い)女が、「世継ぎのため」と数多の男をあてがわれる様は、見ていて痛々しい。

    設定の妙は評価するけれど、読んでいてブルーな気持ちになってくるので、★は2つ。

  • いや、面白い。
    よしながふみの絵がまず好みです。

  • 4巻読了。1、2巻が面白かったなあ・・・

著者プロフィール

よしなが ふみ
東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒、同大学院法学研究科中退。代表作の『西洋骨董洋菓子店』は2001年にドラマ化されたうえ、翌年2002年第26回(平成14年度)講談社漫画賞少女部門受賞。白泉社「月刊メロディ」で『大奥』を連載しており、2006年第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、2010年に実写映画化されている。
ほかの作品に、『フラワー・オブ・ライフ』『愛がなくても喰ってゆけます』『愛すべき娘たち』『こどもの体温』『きのう何食べた?』などがある。

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))のその他の作品

よしながふみの作品

ツイートする