ベルセルク 40 (ヤングアニマルコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.06
  • (9)
  • (21)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 171
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592144403

作品紹介・あらすじ

妖精島で、精神を回復する術を持つという「花吹雪く王」に謁見したガッツ一行。夢の回廊を廻り、キャスカの深層世界へと降り立ったシールケとファルネーゼは記憶の欠片を集め、遂に最後の欠片に辿り着く…! 果たしてキャスカはかつての姿を取り戻すのか!?
2018年9月刊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 待ちに待った最新刊。
    1年に1冊ペースで出ているこのマンガ。
    ここ最近はバタバタ感があって、あまり面白くない、レビューを書く気にもならないというのが正直な所だったけど、最初があまりにハードだったために、それもちょっとホッとできて安心して読む事ができていた。
    今回はちょっとした動きがあったし、私自身も読んでいて心が動いた。

    前回に引き続き、キャスカの心を取り戻す旅を続けるファルネーゼとシールケ。
    様々な障害を乗り越えて正気をとりもどしたキャスカはー。

    理不尽と思いながらも、最近はキャスカの様子にうんざりきてたりもした。
    可哀相だけど、もっと可哀相なのは周りじゃないか、しんどいのはあんただけじゃない、とおもったりしてー。
    でも、今回、まるまる1P使った表情で心がほどけたような気になった。
    何か、ホッとした。

    その分、グリフィスに腹が立ってしょうがない。
    それとチャラけた巫女。
    ガッツはキャスカの心を取り戻すために、ここ何年か自分の全てを使い生きてきた訳だけど、グリフィスはその間に着々と上を目指して自分の理想郷を作って英雄になってー。
    だけど、それは自分の力だけじゃない訳でー。
    そういう存在を慕う人間も見ていてイラッとくる。

    どんな姿でも戦うガッツや彼を助ける仲間の姿が感動的だった。

  • 待ちに待ったベルセルク最新刊!正直、こんなに新刊が待ち遠しかった漫画はそうそうない。
    ベルセルクはやはり最高に心沸き立つ漫画だ…!
    しかしまたもや、とてつもなく気になるところで終わってしまった…。
    既刊全部引っ張り出して読み返したくなった。
    キャスカ大好きだよー!

  • キャスカが……!!
    ガッツが望むものを連れてくるのがガッツを愛するふたりの女性というあたりが憎い。

    もう、発刊してくれるだけでありがたい。私が死ぬまでに完結してください。って毎回言ってる。

  • そう簡単にキャスカ復活!とはいかないだろうが
    それでも一区切り、だよねえ?(そう思いたい)

  • いよいよキャスカが。。
    面白いけど一年以上待たされて、あらすじを忘れるので前巻読まないと分からない。

    この壮大な漫画のエンディング、果たして、読み終えることができるんだろうか?

  • キャスカさん、復帰。しかし、毎度ながらこの漫画読んでると、内容と関係ない感想が湧く。…余白ってなんだっけ…的な。

  • フラグの回収中。

  • キャスカ復活?

  • 尊い

  • 遂にキャスカが…
    だけど………
    まぁそんな簡単にいかんわな〜
    分かっちゃいるけど悲し過ぎてツライ…
    それでも夢見た瞬間が訪れた感ありですよね〜
    ここからキャスカをどう引っ張るのかが、重大な点やと感じますね。これからクシャーンとも絡まないとあかんやろうし、グルンベルドほか鷹ノ団の使徒達とゾッドみたいな奴等を倒してから、やっとゴッドハンドへ…って展開だろうから、ホンマいつ終わりが来るのか気が遠くなりますねぇ(笑)
    それでもホンマ最高の漫画ですよ(^。^)
    ベルセルクって

全15件中 1 - 10件を表示

ベルセルク 40 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

三浦建太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ベルセルク 40 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする