3月のライオン 2 (ヤングアニマルコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.21
  • (1110)
  • (804)
  • (536)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 8216
レビュー : 349
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145127

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友人の子どもに借りて。

  • 棋士ってシビアなんだなぁ
    香子超絶性格悪いなぁ

  • 義姉登場。

  • 作者の思いがすごくて書き込みがすごいです。
    よく見ると猫がふくふくしてたり、何度読んでも楽しめそうです。

    心友、二階堂のテレビでの桐山に対する叫びが印象的です。
    最初見たときは、友達なら直接いってあげなよって思いましたが・・・
    二階堂君もちょっと変わった人のようです。

    将棋が好きで普及させようとする二階堂や、
    C1から降級しそうでもプロにしがみつきたい松永さん。
    幸田兄弟や安田さんのように将棋が嫌いで憎んでる人たち。

    将棋が心から好きな人たちと心から憎んでる人たちが
    ごっちゃにでてくる混沌の巻でした。

  • ようやく少しずついろんな人の歴史が見えてきた。
    これから面白くなるのだろうという感じ。
    それにしてもあかりさん可愛ぇえ!!

  • おもしろいけど、将棋は覚えられないな^^;

  • ぐっとくるね

  • 最後の絶叫が心に響く。負けるのが悔しいならもっと勉強すればいい…この本は何か大切なことを必ず気づかせてくれる。

  • 2015.2.2市立図書館
    勝負の世界は厳しいね。
    その道の一癖も二癖もある師匠の人生やライバルとの対局の一つ一つがドラマ。
    うちの子らはとりあえずどうぶつしょうぎで基本はおさえたようだけど、にかいどうの「将棋はじめて絵本」の実物があったらニャ〜と思ってしまった。

    2017年7月7日購入

  • 二階堂くん、この巻でもひたすらいいやつですね。将棋の先生の鑑だし。私も欲しいぞあの絵本。

    松永さん安井さんの話は香子の盛り上げのわりにあっさり倒される感じで、あたかも香子という悪の女王に送り込まれた二匹の刺客(ザコ)のような、そんな感じの戦隊モノっぽさというんでしょうか、そんなのを感じましたね。だからと言って、それがどうしたと言われれば、どうという事もないんでしょうが、強いて言えばザコがザコ過ぎるというか、前フリの割に見合っていない気もするんですよね。何だろうね、この感じ。

    などと考えながら、結局何で香子が姿を現したのかも、よく分からないところが多過ぎますね。今後それも明らかになるのでしょうか。

全349件中 41 - 50件を表示

3月のライオン 2 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

羽海野チカの作品

ツイートする