3月のライオン 3 (ヤングアニマルコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.31
  • (1174)
  • (746)
  • (405)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 8108
レビュー : 354
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分のひとりぼっちに気をとられ
    誰かのひとりぼっちに気づけないでいた


    「でも」が100個揃えば開く扉があればいーが
    はっきり言ってねーよ そんなドア!!

    一人じゃどうにもならなくなったら誰かに頼れ
    ___でないと実は誰もお前にも頼れないんだ

    先生いいこと言う。

  • 四年半ぶりの3巻。2巻の内容が痛々しすぎてついていけなくて、BUMPとのコラボ話がなければ続刊も触れていなかったと思う。相変わらずコメディとシリアスの落差が激しすぎて風邪をひきそうになるけれど、それでも1~2巻の、無理矢理テンションを上げていたような痛々しさは随分薄れていて、読みやすくなってた。それよりも、何しろ描こうとしているものがとてもいい。おせち、社会、浅はかさ、再生。寝続けると頭がガンガンするのって、脱水症状だったんだ……。
    この感じでバトル物にスイッチして下さると、大変嬉しいけれど。

  • 適性価格とエステー化学って似てるよね。
    零の決断。

  • 二階堂君の熱さが大好きです!

    凄く子供らしいのですが、どこか大人っぽいところもあったりと目が離せない人物です。

    主人公は典型的な高校生って感じです。
    でもそれほど高校生って複雑な年頃なんだなぁと自分が辿ってきた年齢にも関わらず、そういう風に今理解している気がします。

    二階堂くんの作ったネコの将棋ブックが凄く分かりやすくて大まかな駒の役割を面白おかしく知ることができました。

  • 川本家の近所に住みたい。

  • 勝者の方が疲れます。

  • 先生と野口先輩、味のあるキャラが多いが、決して無駄では無いところがこのマンガの良い点の一つかと。

  • でもが100個あれば開くドアがあればいいが、そんなドアねーよ。

  • 島田さん!!!すきです!!!!

  • 将棋しか無いのに、それすら上手く行かなくてもがく零くん。
    どうにかしなきゃと思ってるけど、全てが自己完結というか、視線や考えが自分にしか無いんだなぁ、と読んでて苦しくなる。

    でも助け舟を出してくれる人がチラホラ出てきたので、今後どう浮上するのか気になる!
    続きを買いに行かなくちゃ‼︎

全354件中 51 - 60件を表示

3月のライオン 3 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

羽海野チカの作品

ツイートする