3月のライオン 5 (ヤングアニマルコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.47
  • (1253)
  • (674)
  • (207)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 7692
レビュー : 445
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 男と男の意地のぶつかり合い

    見所:桐山ちゃん覚醒

  • 学校で居場所を見つけた、零。

    学校で居場所を見失った、ひな。

    零は、ひなに救われ、
    ひなは零に救われる。

    そんな第5巻。

  • 泣いてしまいました。頑張るってつらいよね。頑張り続けるのは凄く大変。それでも頑張らなきゃいけない人達。強く生きようって思える一冊でした。

  • 将科部が楽しそうだ。隈倉九段かっこいい。

  • 帯の「僕は君に約束する 誓いの第5巻」という言葉が
    最後まで読んだ後に見ると、鳥肌が立ちました。

    続きが気になる終わり方で、6巻も楽しみです。

  • 辛いと安心のミルフィーユ状態。もっと零くんの友達の輪が広がれば嬉しい。

  • 将棋の世界だけでなく人間模様をこれだけ描いているから、逆に将棋の世界の深みを感じることができるのだろうか。零の心が癒される場所でも癒されるだけでなく学校のいじめ問題が降りかかる。でも、一人でなく支えてくれる人がいるということが、それぞれを支えて立ち向かうことができるんだよなぁ。結局いじめは一人になるか一人ではないと感じることができるかどうかにかかっているのでしょうか。まぁ、それはそれとして、和菓子がどぶ川の一場面に見えたり…

  • 島田さんの焦り、ひなちゃんの呟き、先生の気持ち
    どれもこれも痛くて温かくて、涙が出る。

    いつも朗らかで笑顔の明るいひなちゃんの泣き顔は
    とても見ていて辛くなる。
    彼女の直面した事態は、誰しも程度や立場の差こそあれ
    経験したことがあることではないかと思う。
    その中にあって、ひなのような立場をとった人も
    目を背けた人もいるだろうと思う。

    苦しいことや辛いことなど、生きていたらたくさんある。
    判断が難しいことも、どうしてこうなってしまったのかと
    思い悩むこともある。
    その時、ひなちゃんのように
    たとえ泣きながらでも後悔しないと言い切れる行動を取ることは
    本当に大変なことだ。

    ひなの真っ直ぐさに、とても心を打たれる。
    とても、眩しく感じた。


    そしてまた、
    ひなに対する零くんの言動にもとても共感した。
    "不思議だ ひとは
    こんなにも時が過ぎた後で
    全く 違う方向から
    嵐のように救われる事がある"
    本当に、こういうことはあって。
    とても辛くてずっと抱えていることが
    人にはあって。
    それはどうしたって、心に影を落とし続ける。

    しかし、時が経ってから
    ほんの一言で救われることが時々ある。
    事態が解決する訳ではなくとも、
    ふわりと掬いあげられて
    少しだけ軽くなれることがある。

    それは本当に小さな救いかもしれないが
    顔をあげて前を見られるようになるだけで
    当人にとっては世界の見え方や
    この先の生き方まで変わる、大きな変化となる。
    それは、何年かかっても返したい恩で…。


    今後の展開も、引き続き楽しみ。

  • 読む人によっては名作
    読む人によっては駄作
    読み手を選ぶ漫画だけど心に響く

  • ひなちゃんの話は本誌を立ち読みした時から泣きそう…って思ったんですが改めて家で読むと号泣。ひなちゃんいい子すぎる。

全445件中 31 - 40件を表示

3月のライオン 5 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

羽海野チカの作品

ツイートする