3月のライオン 5 (ヤングアニマルコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.47
  • (1253)
  • (674)
  • (207)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 7691
レビュー : 445
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「気にせんでももとよりここは鬼の棲家 火の玉みたいに傲慢で気の強い人間しかおらんのにな」
    あたたかくも棋士の厳しい勝負の世界を象徴するような一言で好き。
    宗谷と隈倉の名人戦も見所。インタビューでは淡々としていた隈倉が壁を蹴破っていたシーンもいい。零だけじゃない。飼いならせない内なる獣とともに皆、戦っているんだ。

    島田への心ない言葉に腹を立てた後藤。
    「リングに上りもしねーで野次だけ飛ばすヤツを見ると虫唾が走るんだよ」
    己の獣と向き合えないと、人は外に攻撃してしまうのかなと感じた。
    後藤に対する零の複雑な感情。そして、読者としても後藤と香子の関係性を見て、印象は変わってきた。一筋縄ではいかないね。まさしく「混沌だな」。

    零の心にのしかかっていた学校への思い。
    「何かこう『思いがけないモノ』が入って新しい味が生まれるのもいいな」
    この言葉通りの放課後将棋科学部(将科部)のエピソードもよかった。お互いの宝物を交換し合うような。あのラムネの味は忘れられないだろうな。

    そして、その一方で学校という同じ場所で、ひなたに影をおとす事件が。
    「後悔なんてしないっ しちゃダメだっ だって私のした事はぜったいまちがってなんかない!」
    ちほを救えなかったひなた。しかし、この言葉は過去に孤立していた零のことを救った。この世界には手を差し伸べてくれる人もいるんだと。
    重く深いこのテーマをどう掘り下げてくれるかに期待したい。

  • 縺。繧?▲縺ィ蜥後s縺?縲ゅ□縺??蟇偵??@縺?ゥア縺九i蜑榊髄縺阪↑譁ケ蜷代↓縺ェ縺」縺ヲ縺阪※縺?k豌励′縺吶k縲ゅ@縺九@縲∽サ雁屓縺ッ鬟溘∋迚ゥ縺ョ鄒主袖縺励◎縺?コヲ縺後■繧?▲縺ィ雜ウ繧翫↑縺九▲縺溘°縺ェ縺ゑシ育ャ托シ峨?

  • 大好きです。
    悲しくて、笑えて。
    本当にありがとうございます、としか言えません。

  • 参った。
    おもしろい。ほんとに。

  • 意外な方向への急展開。優しい人々が理不尽な苦しみを味わうなかで、救われた思いに、涙腺刺激された。

  • よかった

  • 将棋部ができてよかった。ひなちゃんいじめにあう。いじめの話題はどうも苦手。腹が立つから。

  • ・44 ひなたが和菓子屋さんをめざすのは、遠い伏線?
    ・47 対局のおやつには、制限は無い?
    ・48 柳原は、後藤と香子のことを知っている?
    ・52 零はひなたの行動によって救われたみたいですが、零≠ちほという酷い現実が。

  • 【あらすじ】
    林田先生、二海堂、川本家の三姉妹…。周りの人々の温かさに少しずつ心溶かされ、学校生活・棋士生活の両面で前を向き始める零。しかし、そんな零の心を乱す事件がひなたに振りかかる…。

    【感想】

  • みんな、がんばれ。

全445件中 1 - 10件を表示

3月のライオン 5 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

羽海野チカの作品

3月のライオン 5 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする