3月のライオン 6 (ヤングアニマルコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.54
  • (1327)
  • (634)
  • (163)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 7464
レビュー : 537
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人は一人で産まれて一人で死ぬ。
    けど、絶対に一人では生きていけない。

    誰かが自分の為に心を砕いてくれる。
    誰かが自分の居場所を作ってくれる。
    誰かが自分と同じ方向を向いてくれる。
    一人じゃない、誰かがいてくれることがどんなに素晴らしいのか。
    読み進めるほど「誰か」の存在に感謝し、胸が熱くなった。

    また、登場人物の関係も過去を交えて深くなっていった今巻。
    一人だった彼らがどんどん「みんな」になっていく実感を覚えた。

    主人公、零の成長も顕著。
    二階堂の存在で自分を確かめ、
    島田の存在で戦う意味をおぼろげながら見いだし、
    ひなたの存在で自分よりも大切な何かを見つけ、
    そして今は自分の足で立って戦うことを選び抜いた。
    みんなの心に触れて彩られた零は、
    きっとこれからどんどん豊かな表情になっていくのだろう。

  • 人を大切に思うこと。
    大切に思うから、できること、できないこと。
    自分のために生きること。
    そのために、やらねばならないこと。

    人生の大切なことが、重く、ときにユーモラスに
    じっくりと読ませられる。

    ラストは、自分がなぐさめられているような感動…。

  • 読むのがつらかった、でも、こんなにも読んでよかったと思える本もなかなか出逢えない。

    「戦っているんだ みんなたったひとつの 小さな自分の居場所を 勝ちとるために」
    ひなちゃんも、二海堂も、零くんも。そして、彼らを優しく見守る、一緒に闘う大人たちもいる。
    自分にも勇気を与えてくれた巻。

  • 桐山くん、やったね。
    二海堂くんとは心友だもんねー!!

    ひなちゃん、おねいちゃん、負けないで。
    なんてゆーか、女の子の親やってるとリアルにこういうことありそうで・・・
    胸が痛いです。

  • 桐山のなかに「人に必要とされたい」「大切なひとたちの力になりたい」という感情が生まれたということは彼にとって大きな進歩だと思う。みんなが、人を大事に思うが故に迷ったり葛藤したり苦しんだり、人間らしさが存分に出ている6巻。桐山がひなたを大事に思う理由に説得力がある。そして最後のページが良かった。

  • 読むたびに胸がギューってしめつけられるんだけど、読まずにはいられない。
    おじいちゃんの言葉が沁みた。

  • 物事への取り組みは真摯でなくては、それこそ鼻血が出るくらい。
    でなくてはやる価値がないってこと。
    と一巻から本巻まで一気再読しましたが、いやぁ、このマンガはお薦め。歴史に残る作品と断言す、って当方が吠えても詮無いかもしれませんが。

  • 人間、何かを護り通して、その中からその次へ進むための何かを
    得ようとすると、傷も深くなるけど強くなるもんだなあと感じました。

    零くんも、ひなたちゃんも、二海堂くんも、林田先生も、ほかの人々も。

    みんな自分の戦いを、そのために戦い続けている。
    這い上がって、這い上がって、それしかないから。

    誰かの為に、自分の為に。
    一生それは誰もが続ける。

    自分だけがキツいんじゃないなって、背筋が伸びました。
    戦ってきた自分も、自分はそっと胸に畳んであげればいい。
    次の為に。

    負けないで欲しいですね。このお話の人々の誰もが。
    ゆっくりでいいから、立ち上がっては歩き出す人でいて欲しいです。

  • ひなちゃんの中学でのイジメ編。
    たとえ一人でも頑張る人とそれを暖かく見守り、手を差し伸べる人が描かれていて、胸を打たれる。こうありたい。

  • 誰かの「必死さ」は
    別の誰かを動かしてくれるんだな。

    毎度毎度じーんとこみあげてきます。

3月のライオン 6 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

羽海野チカの作品

ツイートする