3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)

著者 : 羽海野チカ
  • 白泉社 (2012年3月23日発売)
4.57
  • (1285)
  • (562)
  • (130)
  • (8)
  • (3)
  • 本棚登録 :6613
  • レビュー :559
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145172

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うわ、何この7巻、充実しすぎでしょ!まず国分先生がいい。いじめの解決まで描かれることはあっても、「育の字が無けりゃとっくに放り出してるぜ」、その言葉が入ることで一気に物語が分厚くなる。順慶のエピソードもそう、島田さんに会長、そして名人とのヒキ…。ああ、読みおわるのがもったいなかった。

  • 2012/03/23

  • 【あらすじ】
    新人王を獲った零だったが、いじめられているヒナのために、自分が何もできないと勝手に思い込んでいた。一方、ヒナは学校で心が折れそうになりながらも、懸命にいじめと戦っていた。二人の様々な思いが交錯する中、物語は新たな展開をみせる。「本当の強さとは何か?」あなたに問いかける『3月のライオン』第7巻、ここに登場です。

    【感想】

  • あんみつ全部乗せ、食べたい。

  • ひなちゃんも零も光が見えてきて、温かい気持ちになりました。「様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語」。さあ、宗谷名人と対決だ!

  • ひなたへのいじめ問題が一応収まり、
    彼女からの感謝の言葉に戸惑う桐山。
    将科部のみんなからの祝福にも戸惑い、
    更に、宗谷名人との記念対局にも・・・。
    でも、自分では自覚していなくても、前進していますね。
    そして人。新人王対局相手の順慶だって、
    単なるヒールでは無く、抱えている問題があった。
    いじめの張本人、高城も・・・いじめは良くないことだけど、
    将来への不安さを抱えた彼女の先行きが心配。
    それでも、転校したちほちゃんは少しずつ歩み出してる。
    ひなたの勇気、笑顔・・・本当に良いなぁ(^^♪
    さあ、いよいよ記念対局が始まりますよ~。

  • イジメ問題
    介入してくれる先生が現れて、ようやく明るい兆しが見えてきた。

  • いじめなんてない方がいいに決まっている。

    ひなちゃんに笑顔が戻って本当に良かった♪

  • 「信じれば夢は叶う」 それは多分 本当だ

    但し 一文が抜けている

    「信じて努力を続ければ夢を叶う」 これが 正解だ。

  • 鳩が戻って来たシーンでほろり…としてしまった。

    林田先生の名言が今回も光っていてじわっとした。あと島田さんの山の「しょいっこがいっぱいになる迄帰ってくんな」の山放置笑った!うちもそうだった!!なつかしい。。。

    次は盛岡でVS宗谷。

全559件中 51 - 60件を表示

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)のその他の作品

羽海野チカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする