3月のライオン 8 (ヤングアニマルコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.45
  • (786)
  • (475)
  • (141)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 5006
レビュー : 371
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145189

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あのポスターちょっと笑えた。そして、別室に医師と看護師をまたせとこうっていうのもまた笑える。
    でも、勝負師ってこういう人たちなんだよなって思いました。そして、桐山君いいね。このお世話好きというか上手すぎかも笑

  •  勝負師らの深み、凄味を全面に出す本巻。
     耳が聞こえない方が勝負に集中出来て良いと考えてしまうような宗谷名人。
     同期・先輩から数多の想いを継承してきたが、その想いが心の糧にも重荷にもなってきた柳原棋匠。
     何れ劣らぬ勝負師の有り様が、心にのしかかるよう。

  • 桐山君はほんとおかんレベルですな。
    青野八段良い人だ…。
    ポスター改訂版に爆笑でした。

  • 感想戦すごい。なんか笑ったって素敵だ。常に安定したとろみの半熟たまごを食卓へのせる為の研究。月下の棋士じゃん!!!かっこよすぎ66歳。

  • 20161015 057

  • 12巻まで一気に読みました

  • 棋匠戦、シビれました。

  • お祭りのシーンいいね。

  • 読了。

  • 2016.4.23市立図書館
    予約待ちでしばらくぶりになってしまったが、宗谷名人にはなんとびっくり!しかし腑に落ちた(7巻の細かい描写をもっと覚えているとよかったんだけど…)。
    新人王の零と宗谷名人の記念対局に続いては、島田八段と柳原棋匠とのタイトル戦。若いものには若いなりの、歳を重ねたものには年齢なりの、強いものには孤高の、挑戦者には挑戦者の、それぞれのプレッシャーや苦しみがあって、手に汗握る。
    ああ、それもたまらないけど、一方でひなの友だちで転校していったちほちゃんの戦いもまだ続いていて、そちらには胸がギュッと締め付けられる。難しいテーマだけど、逃げずにていねいに描いてくれることがありがたい。

    2018.1.10購入

全371件中 81 - 90件を表示

3月のライオン 8 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

羽海野チカの作品

ツイートする