3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.25
  • (223)
  • (214)
  • (67)
  • (7)
  • (4)
本棚登録 : 2052
レビュー : 164
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145226

作品紹介・あらすじ

藤本雷堂対土橋健司、桐山零対滑川臨也の対局は激戦を極めて…!? あかり、ひなた、島田、二海堂、林田先生も活躍の最新刊!!
2016年9月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 川本家はエネルギッシュ

  • 相変わらずご飯の描写がおいしそう。

  • 将棋のルールや技を知っていたらもっと楽しめただろうな、とちょっとくやしい
    どんな分野でも小さいころからその道だけをひたすら進んできた人たちにはある種の強さとともにもろさもあって、そのもろさが愛おしくもあったり。

  • 【土橋九段・島田八段がたまらない】
    藤本棋竜や滑川さんがクローズアップされる12巻。もちろんこの2人も魅力全開素敵キャラなのですが、個人的には土橋九段&島田八段のストイックコンビにようやく幸せが訪れた(あるいは訪れるかも?)ことがとても嬉しい回でした。
    土橋さんが宗谷名人に負けた後、心配する両親との心の触れ合いのシーン、そして島田八段が宗谷名人をして「追いつけないからといって自分が努力しない理由にはならない」と胃の痛む自身を奮い立たせるシーン。両者とも胸に迫るものがあり、特に応援したい人達です。
    あと、最後の話は、穏やかな平和な絵でした。あかりさんと島田さんは、「自分よりも誰かのために、誠実に生きる」という生き方が似ているように感じるので、自分たちの幸せのためにも、良い方向に進んで欲しいと密かに願っています。

  • 今回は辛い話や暗い話じゃなくて良かったあ。ホッと一息つけたカンジ。おねいさんの相手をシミュレーションする余計なお世話の零だけど、島田八段か~、案外いいかも。てか、それ以外考えられなくなってきたw。それにしても将棋界の人たちって誰も彼も濃ゆいわ~。

  • 島田八段とあかりさん、絶対お似合いだとずっと前から思ってたのっ! 
    胃痛でガリガリの島田八段を、あかりさんがふくふくにしてくれたらなぁって!
    プロというのは、血のにじむ努力をして苦しみながらもなおワクワクできる人なのだな、と思った。「好き」に勝る力なし 。

  • 前巻までの嵐のような展開に比べれば、落ち着いた、日常を淡々と描いたような話が多かった。
    でもそれでもちょいちょい胸がチクリとしたり、ヒリヒリしたり、飽きることはない。
    あかりさんを巡る攻防が激しくなって来た。
    最後に出て来た島田八段!
    彼が本命であってほし〜!
    島田さん幸せになってほし〜!
    実写映画では佐々木蔵之介だし、絶対島田さんとあかりさんがいぃ〜!!!
    あかりさんは、どんどんエロくなってく気が。
    滑川さん、一発屋と思いきや、また出て来て嬉しい。
    なんかハマる。
    そして久々の二階堂くん、なんかホッとします。

  • コミック

  • 葬儀屋の息子、滑川さん再登場。このキャラ描くのすごく楽しそう。最初ブキミでしかなかったけど、いいキャラ過ぎる!今回は桐山君の話はあまり進まず、周辺キャラがとても濃かった。島田さんの今後がとてもきになる。

  • 負けた雷堂に奥さんが発した言葉が格好いい、そして土橋さんの純粋さが尊い。
    羽海野先生の作品は人物一人一人にそれぞれが抱える葛藤や人生観を描いているのでついつい感情移入してしまう。

全164件中 1 - 10件を表示

3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

羽海野チカの作品

3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする