3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.31
  • (205)
  • (155)
  • (59)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 1817
レビュー : 131
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二階堂、かっこよかったよ。

  • あかりさんを巡る林田先生と島田さん。
    林田先生のぐるぐるした想い、
    あかりさん自身の“人を好きになる”に対する想い・・・今後、
    この三人がどうなっていくかが楽しみです。
    宗谷VS二海堂の対局は、この巻のメインイベント!
    二海堂の勝負魂、宗谷の“ああいう顔”、
    大勝負を見守る桐山たちの想い・・・将棋を指すことにおいての
    秘められた感情の凄さがひしひしと伝わってくるように感じました。
    更に、後日譚的な滑川さん。葬儀屋という仕事、“生きる”とは、そして弟。
    嫌キャラだった滑川が滑川さんに格上げされましたよ、もう♪
    最後に、香子の変化・・・実に良い表情になりました(#^.^#)

  • 林田先生・・・
    憧れの棋士と 憧れの女性
    あまりにもドラマのような展開に
    凹む気持ち分かるぞぉ
    俺なんてどーせ・・・・だよねぇ

    しかし 林田先生は
    伊達に意地汚く生きてませんよ
    こんな少女マンガな展開の中でも
    やらなきゃ 後悔する
    まさに その通り!!負けるな!

  • あかりさんの巻かと思いきや
    二階堂!!!!!

    坊!!!!

    宗谷名人からの
    ラブレターにしびれたー

    負けず嫌いなだけじゃなくて
    激励だよね!!

    川本家の食卓も
    安定のしずる感ー!!

    先生頑張れー!!!!!

  • 2017/10/03
    レビューは高評価だらけですが!!!私は素直に書く!

    島田さんパートだったからかカッコよくなってるよね?
    最初あんなカッコよくなかったよね!?
    禿げそうな薄〜い人だったよ?!好きなキャラだけど、こんな渋くなかったって!!!
    全体的にメンズキャラのイケメンさが増してる。フィルターかかりまくってるのか単純に絵が安定したのか…絵が安定ってレベルの作家さんじゃないから安定ってのは言葉が違うかな⤵︎なんていやーいいんよ
    二階堂もこんな目キラキラの可愛いふっくり少年ではなかったことないかい?
    もう少しアクの強いキャラじゃなかったっけ…この変化がストーリーの変化と比例しているなら仕方ないけど、いい話に持って行かせすぎじゃ?と思ってしまう…
    この巻に限らず最近のは1つ1つが短めだし、あっさり感じる。全体的に明るくてライト。
    描き方とか話の持っていきようなのかな、妻子捨男の時でもそんな重くならんかったしなぁ。後半が黒多めにしても、ただ本間は良い人なんよって言われてるみたいで違うし…。気持ちわるーいキャラでおってほしかったんかも(´・ω・`)謎のね
    もうちょい温度は低め湿度は高めグッと胸の痛い所を掴んで引っ張ってほしい…けど、これは読み手の感度の問題かね…
    あとこれも仕方ないのかもしれないけど、あとがき後のPRに使うページ数多くなったなぁ…実写とかアニメとかライオンが拡まって成功するのは嬉しい筈なのになんかなぁ…こんなんだったっけ?私が変化についていけてないのかなぁ、好きなのにあれ?って思ってまうのが辛い。

  • 二階堂、かっけ。

  • 島田さんのカッコつけないところがかっこいいって言うけど、先生のカッコ悪い所も人間らしくて好きだけどなあ。
    二階堂くんの負けん気だけはたぎらせとかないとって台詞がすごく彼らしくて、グッときた。私も頑張らねば。

  • 表紙が男キャラ祭り!今回は私の愛する二階堂くんの出番がいっぱいでうれしかったけど諸々切なくもあった。表情豊かな宗谷名人が観れたのは貴重。零ちゃん主役なのにあんまり出番なかったね。滑川さんとか、きょうこさんとか、スピンオフ的な回が多かったかも。あかりおねいちゃんをめぐる先生と島田さんの三角関係の行く末が気になる。

  • 今巻も
    笑えるところ
    グッとくるところ
    泣けるところ

    いろんなシーンが盛りだくさんでした。


    特によかったのは

    宗谷名人に挑む田中七段の心の声


    お腹抱えて笑いました(ノ´∀`*)

  • 先生の目からみた島田さんが、いままで見た島田さんの中で一番カッコよくてたまらない。そして、あかりさん、思っていたよりむずかしい人だなぁと。難攻不落というか。でも、先生ルートの可能性も残ってて少し安心した。
    その他、テレパシーの田中さんとか辻井さんとか脇役の人がやっぱりよい。特に辻井さんツボ。
    今回地味に後藤がフォーカスされてたり、しれっと男らしいかったりして、香子さんが惚れる理由が少しわかった気がする。

全131件中 91 - 100件を表示

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

羽海野チカの作品

ツイートする