3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.31
  • (205)
  • (155)
  • (59)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 1813
レビュー : 131
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。二階堂死ぬのかと思った。。。

  • この巻、すごく良かった!林田先生の恋愛も胸がキュッとなるし、何より二階堂と宗谷名人の対局がアツい。夢中になれるものがあって、それを仕事にできているっていいなあ。

  • 良かった。ぶんぶん振り回されるように色んな人の話が出てくる。

  • 主人公の影が薄い巻(笑
    後半がちょっと怖い。

  • 購入して読み。

    前半はあかりさんが(というよりむしろ林田先生が?)主人公で、後半は二海堂が主人公…と思ったけど、香子のエピソードや滑川さんのエピソードも心に残ったなー。
    脇役がいなくて、それぞれにドラマがあるのだ。

  • 一体先がどうなってしまうんだろう。
    読みたいのに、読み終わりたくない。

  • 坊と宗谷名人の対局の行く末は…!

    桐山君の周辺のキャラにスポットを当てたお話が多いけど、今回もおもしろかったー!

  • 二階堂君、良いよ。花岡さんも良い。自分に、他人に向き合うとはかくあるべきかと。
    そして当方が密かに敬愛する野口先輩の登場が嬉しかったりもする。でも敢えて苦言を呈するなら、林田ちゃんに進路相談に行ってはダメなんじゃないかな?(笑)

  • 素晴らしかった。
    二海堂の激闘も、ひたむきな姿勢も、島田八段と林田先生の関係も。個人的に島田八段を愛して止まないので、是非彼には幸せになってほしいのです。

  • サブキャラクターそれぞれにに物語がある
    今回は群像劇、主役の出番が少ない。

    で、何か違和感・・・?
    と思ってたら先崎さんのコラムが無いのか~。

全131件中 81 - 90件を表示

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

羽海野チカの作品

ツイートする