秘密 6―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.07
  • (100)
  • (98)
  • (75)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 780
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145363

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 薪さんがたれ目になって、HYDEになってた!

  • 薪さんと岡部さんの出会いの巻。岡部さんは薪さんに惚れているとしか思えない! 実際、惚れているからこそ、ここまでの忠誠心なんだろうけど。内容は、非常につらいものだった。加害者である女性の人生は読んでて本当につらかった。自分から狂ってしまわなければ生きられないなんて。

    特別編は、9巻の内容に深く絡んでいます。「特別編」というのは「(本編に)特別(深く絡む)編」の意味? 青木くんの想いが大きく揺らいでいます。頑なになるなよ、もう認めちゃえよ! やきもきしました。

  • 蜑阪?蟾サ縺ァ蟯。驛ィ縺輔s縺後°繧上>縺?↑縺ゅ→諤昴▲縺ヲ縺?◆繧峨?√%縺ョ蟾サ縺ッ蟯。驛ィ縺輔s縺碁匆縺ョ荳サ蠖ケ縺ョ繧医≧縺ェ菴咲スョ縺・縺代?らセ弱@縺上b蜆壹>螂ウ縺ョ莠コ縺ョ隧ア縺ィ縺?≧縺九?√%縺?>縺??昴>縺ォ縺九i繧後k莠コ縺」縺ヲ逕キ螂ウ蝠上o縺壹%繧後°繧牙「励∴縺ヲ縺?¥繧薙□繧阪≧縺ェ縲ゅd繧九○縺ェ縺??

  • 他の巻より薄いこともあって、ちょっと物足りない感じ。
    話も、薪室長と岡部さんの出会いのエピソードで、閑話休題といったところか。
    コピーキャットの方は何だか中途半端だけど、雪子さんやっぱり薪さんのことが好きなんだよね?という。

  • 岡部さんが第九に配属された時の話。前巻で岡部さんのストーリーがあったが、彼の人となりがわかる話で、あぁ、だからこの人は!と今までの話の中の彼の行動が納得できる。

    介護の話も、最近のニュースと被ったりして、興味深く読んだ。

  • 岡部さんのストーリーよかった!
    いい人だなぁ岡部さん。

    取り扱う事件が最初のころのシリアルキラー的なものから家庭環境などから発生するものに変わってきたのが良い。
    ただ残忍なだけは刺激が強いのは最初だけだと思うから。

  • 12巻(完)まで
    相変わらず槙は情緒不安定でよく泣くし、暴れるし。
    段々事件が大きくなって、最終的には青木のお姉さん夫婦まで殺されて、槙の命も危なくなる端に続いていく。
    最後は一応ハッピーエンドかな

  • 再読。つらい現実から逃げたい、生きることがしんどい人はいるでしょうね。その人の拠り所が妄想なら、それが誰にも迷惑をかけないのならそれは可だと思います。赤毛のアンだって空想に随分助けられたはずだもの。
    今回の悲劇はその妄想癖を「治して」あげようと思ったこと。その彼だってまさかこんなことになろうとは思わず、本当の親切心でそうしたのだからやり切れないですね…。それが岡部さんと薪さんの出会いの事件ですが、岡部さんが意外に優しい人で、不安定な薪さんを放っておけないところが結構ツボです(笑)

  • 介護は他人事でなく、キツかった
    被害者の間違った正義というか親切心というか。
    全体に後味が悪い…
    岡部さんの昔が見れたのは良かった
    いい人だ。好きだ。

  • 介護、安定の為の狂い、岡部さんの配属

全58件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

清水 玲子(しみず れいこ)
1963年兵庫県生まれ、熊本県熊本市育ちの漫画家。1982年、『フォクシー・フォックス』で「第9回ララまんがハイ・スクール(LMHS)」佳作受賞。1983年、『LaLa』掲載の『三叉路物語(ストーリー)』でデビュー。
2002年『輝夜姫』で第47回小学館漫画賞受賞。2011年『秘密 ―トップ・シークレット―』で第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。同作は2016年に生田斗真・岡田将生主演で映画化された。

秘密 6―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)のその他の作品

清水玲子の作品

秘密 6―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする