秘密 7―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.43
  • (156)
  • (80)
  • (33)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 808
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・マンガ (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145370

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『今助けを求めている被害者があなたのお子さんだったとしても
    同じ判断をしますか。』

    1から10までこの理屈が通るわけではないのは重々承知。
    それを全面に出し過ぎることを『公私混同』と呼ぶのも重々承知。
    ただし、その質問にきっちり向き合って考えて、ハッキリ自分なりのYES/NOを言えるくらいの覚悟をもって事に当たっている人がそう多くなさそうなのもどうやら事実。

    フィクションの中でのみ成立する胸熱シーンだと言われがちだが
    胸熱だと思うなら現実の世界でもやったらいいじゃない。




    ところで三好センセイが明らかに『バカな女』化しているのはどうしたらいいのでしょうか
    恋しちゃうと女ってバカになっちゃうの的なキャラに変更なの?

  • 出色の出来。
    死者の脳から記憶を掘り起こすという舞台設定をこれほど効果的に見せられるとは!

    作品は有名なある事件を下敷きにしていますが、それよりも「復讐の為鬼になる」と決めた犯人の、周到に練り上げられた復讐そのものが恐ろしく、おぞましい。しかし、その気持ちに到るまでの思いを考えるとやり切れません。どんでん返しと伏線の巧みさに唸らせられ、サスペンス色も強い上に、薪さんの正義感や自分の職務への誇り等等、無駄な頁は一切なく、現存完全な作品と言っても過言ではないと思います。
    グロもなく、絵柄で引かずに是非一読を。

  • オチはまあすぐ解ったんだけども、お話的にすごくよかった。他の巻も好きなのはあるけれど、特にこの巻のは面白かった。ただ、青木とまきさんはあんまり期待しない方向で見る事にしてる。輝夜姫で裏切られたから…

  • 清水玲子作品の中では「竜の眠る星」に次ぐ傑作だと思う。この薪さんと青木のコンビはジャックとエレナに通じるものがあるので、ある意味原点回帰的な。

  • 螟也嶌莉、螫「諡芽?莠倶サカ縲りご縺。縺玖。?縺九?

  • いつもに増して分厚く重い内容。青木の薪さんに対する感情は、今後どうなるのか…。

  • 凄い話だった。
    人間の醜さをこれでもかと見せつけ、ラストは畳み掛けるようなどんでん返しの連続。
    千堂大臣はホント人として最低だなと思うけど、政治家にはこういう人たくさんいるよなあ、という。

    ラスト、ニュースの声が「幸せな3人だけの家族の時間を過ごしている事だけは間違いないとお伝えして終わります」と読み上げる内容と、真実とが余りにも乖離していて、それがまた何ともやりきれない。

  • ここまで読んできて、一番良い話だった。良いというのは、語弊があるかも。とても考えさせられる。
    北朝鮮拉致被害者の家族、外国で反社会勢力に誘拐される日本人、よくニュースで見ていた事へ新たな視点で考えるきっかけを与えてくれる。
    大臣への社会の反応と、実際の大臣の行動のギャップ。
    どんな事もあらゆる角度から見ることが大事だと思った。

  • 伝えたかった言葉は

  • 薪さんの想いが隠し切れなくなってきていて切ない‥。

    大臣の娘拉致事件、仕掛けが巧妙で。
    これはやるせないよ。

全79件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

清水 玲子(しみず れいこ)
1963年兵庫県生まれ、熊本県熊本市育ちの漫画家。1982年、『フォクシー・フォックス』で「第9回ララまんがハイ・スクール(LMHS)」佳作受賞。1983年、『LaLa』掲載の『三叉路物語(ストーリー)』でデビュー。
2002年『輝夜姫』で第47回小学館漫画賞受賞。2011年『秘密 ―トップ・シークレット―』で第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。同作は2016年に生田斗真・岡田将生主演で映画化された。

秘密 7―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)のその他の作品

清水玲子の作品

秘密 7―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする