ナナとカオル 8 (ジェッツコミックス)

著者 :
  • 白泉社
3.91
  • (16)
  • (24)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 283
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145684

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 978-4-592-14568-4 188p 2012・5・5 1刷

  • エロス。

  • やばい、カオルが好き過ぎるッ!あーもーカオル好き!萌える~!ナナのこと大切に想いすぎー!(それは毎回だけどw)

  • いままでどちらかというと“性”の側面から見えていた物語が、“愛”へと変わっていった瞬間。それはどこにでもありそうな愛だけど、きっとそこにしかない愛なんだろうね。

  • おもしろかった。先生おるのに勝手に人の部屋に入るのをとめないし、夜なのにあんなにうるさくする生徒会長だし、なんて常識のないやつらなんだって思いました。あ、SMの所はよかったです(笑顔)

  • こころからの叫びに計らずも涙が。
    SMという行為の「精神的なツナガリ」と「幼馴染みの距離」を考えさせられます。
    まあエロいとこはエロいんですが

  • 館さんが可愛らしくなってきた。

  • すっかり安定したね。

  • 肉塊編完結。陸上大会でナナと館のバトルへ。
    ナナとカオルの距離は小さくながらも確実に縮まった。
    そして館が活躍する陸上大会編で俺得。
    館まじかわいい。

  • このSM漫画は嘘臭くなくて好き
    もちろん、他のSMを題材にしている漫画が嘘っぽい、と言っている訳ではない
    でも、やっぱり、違いがハッキリしている
    ナナカオの他にない魅力は感情の機微ではないだろうか
    葛藤、恐怖、好奇、そして、興奮
    また、線そのものにも艶がある
    特に尻のライン、正に『曲線美』を体現していないか? 私はしてる、と思う

全17件中 1 - 10件を表示

甘詰留太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
甘詰留太
有効な右矢印 無効な右矢印

ナナとカオル 8 (ジェッツコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×