自殺島 1―サバイバル極限ドラマ (ジェッツコミックス)

著者 :
  • 白泉社
3.51
  • (44)
  • (103)
  • (117)
  • (27)
  • (6)
本棚登録 : 968
感想 : 79
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592146216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何巻か忘れたけど狩のシーンは人生を変えるほどの衝撃だった

    生きる意味

  • 全17巻

  • 森さん節炸裂。暗いけど面白い


  • 読了。面白い。ブックオフの全巻まとめ買いを買うか非常に悩む。


  • 人気コミック欄にあったので何気なく手にとって読み始めてみたけど、なかなかおもしろい。

  • まあまあ

  • 2017.12 全17巻

  • 現代日本の「蠅の王」?

    善悪観や、頭の回転が年相応に見えない。子どもというか幼稚。
    こういう人たちだから、かもしれないけどこんな人たちばかりか疑問。

    けど、タイミンを考えれば、子どもに見せるには悪くない作品かも

  • サバイバル/自殺未遂者が送られる島
    16.12.02 新規up

    全17巻 完結

  • 電子書籍にての読了。ホーリーランドの森先生の作品という事ですがとても面白かったです。自殺をしてから生きる意味を見出していく皆を見てこれからどうなるのか、そして生きるために立ち上がった主人公のこれからに期待してしまいます。

全79件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。代表作に『ホーリーランド』『自殺島』『デストロイ アンド レボリューション』など。

「2021年 『創世のタイガ(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森恒二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×