自殺島 4―サバイバル極限ドラマ (ジェッツコミックス)

著者 :
  • 白泉社
3.64
  • (14)
  • (43)
  • (39)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 451
感想 : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592146247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  

  • タイトルの「自殺島」から離れてきた、どちらかというと自然の中のサバイバルドラマ化しているような気がする。

    「死ねないなら生きるしかないんだ」から、「生きるために生きる」という風にキャッチフレーズを変えてもよいのではないか。

  • いや、面白いんですよ。面白いんだけど、なんかこう、ダメなんです。
    自殺島なんてところに送られたくせに、前向きに生きようとする彼らの生命エネルギーに満ち溢れた姿が、こう、なんというか。

    いや、ウソ。まあそれはいいんですけど、森先生は「ホーリーランド」の時も思ったんだけど、たぶんすごい真面目な人なんだろうなあ。真面目すぎるほど真面目な人なんだろうなあ。それが作品にも投影されていて、遊び心的な、どこにいくんだこの話は的な、そういう隙が無くなってしまっているのが残念。
    サバイバルホラーのはずが、なぜか僕らは安全な道のうえにいるのです。

  • 読了。

  • 鹿の解体とかほし肉の保存とか、サバイバルテクのリアリティと作者の解説がまたいい。一度は離れていった、リョウの復帰がうれしい巻。

  • セイがリョウにかけた言葉がカッコいい!

  • 4巻まで一気に読了。
    自殺者ばかりを集めた島でみんなが自活する話。
    なんか悪い意味じゃなくてこのチープな感じが山田悠介っぽい。てか山田悠介作品でこんな感じのあったような…

  • 「自殺島」4巻。
    無法者達との対立、対決。そして和解、友情。
    当然“奪う側”はイヤなヤツとして描かれてるけど、果たして彼等を責める権利はあるんだろうか…。

    ケン、すごく好きなキャラです。

  • 森恒二

  • 落ち込んだときに読む笑
    タイトルを裏切る前向きマンガ。

    こんなふうに少しずつ変わっていくのを見ると
    人間捨てたもんじゃないなと思う。

    あの帽子のデブ・・・!!
    なんて実はあれがセイの好きな名無しちゃんだったりしたら
    どんでん返しで面白そう。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。代表作に『ホーリーランド』『自殺島』『デストロイ アンド レボリューション』など。

「2021年 『創世のタイガ(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森恒二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×