自殺島 5 (ジェッツコミックス)

著者 :
  • 白泉社
3.53
  • (14)
  • (34)
  • (46)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :371
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592146254

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  

  • どんどん目が離せない展開になってきた。
    イノシシ狩りから、
    性同一障害をカミングアウトするトモ、
    「人食い」と呼ばれる男サワダの登場まで。

    絵のクオリティの高さに反して作画スタッフの人数の少なさに驚き。

  • いやー、やっぱりもう思っていた通り真面目すぎるんですよ主人公が。悲劇的に真面目。森先生の作品「ホーリーランド」の主人公と同じくらい真面目。つまり森先生が真面目。

    まあ、真面目だからそもそも思いつめて自殺未遂とかしちゃうんだろうし、仕方ないよね。と思ったんだけど、別に真面目ではないというかどちらかというと人生を舐めている僕も毎日死にたいので、あんまり関係はないのかもしれません。

    しかしこういうサバイバルホラーでいつもイライラさせられるのが、主人公側(善人チームのやつら)が、「暴力はダメだ。まず話し合おう」的なことを絶対言うあの法則です。
    そういう甘ちゃんみたいなことを言ってたらさー!? 結局あとで痛い目にあう展開になるのは分かってるっていうか?!

    しかしかといって、主人公たちが躊躇なく暴力を行使しまくり始めてもそれはそれで意味が分からない話になってしまいますし、難しいですね。。。ミステリーで絶対一人は別行動して最初に殺されるのと同じですね。。。囚人のジレンマって確かこういうのでしたっけね。。。違いますねきっと。。。

  • 読了。

  • イノシシとの戦い、そして、狩りのたくましいパートナーとなったケン。
    同一性障害だったトモ。サワダの罠に飛び込むセイたち。

  • コミック 漫画 森恒二 立ち読み 白泉社 ヤングアニマル サバイバル

  • いいフリしてても人間裏で何を隠してるかわからないね

  • トモが性同一性障害と判明。
    ナオ(売春婦)を取り返しにサワダ(人食い)が乗り込んできた。

  • なかなかいい進み具合。
    展開がうまいのでページ数の1/3くらいの内容で終わってしまって次が気になる。
    無駄がないのは好きだけど次巻まで1ヶ月はつらい!

  •  サバイバル漫画。狩猟の雰囲気がスゴいね。引込まれた。実体を伴った食物連鎖を感じた。食事において感謝とか祈りはいらなくて、知る事が必要なんだよ。命を奪うリアルな手触りを。だから生きるているだけで幸せなはずなのに、それを感じる事が出来ないんだよ人間は。

全21件中 1 - 10件を表示

自殺島 5 (ジェッツコミックス)のその他の作品

森恒二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする