ハルとナツ 1 (ジェッツコミックス)

著者 : 武田すん
  • 白泉社 (2010年3月29日発売)
3.19
  • (6)
  • (12)
  • (24)
  • (8)
  • (3)
  • 本棚登録 :192
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592146537

ハルとナツ 1 (ジェッツコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9784592146537  192p 2010・4・5 1刷

  • 双子の姉妹春菜(清純)と夏実(エロい)から主人公が言い寄られてしまうという話基本夏実に振り回されるドタバタ展開普通に面白い

  • えろい!そしてかわいい!

  • 2

  • 続きはよみたいです。

  • ふとしたきっかけで、ヤンデレ系の妹と、S系で人をからかうのが趣味の姉の双子に関わることになるヘタレ君のお話。
    まあ、青春時代に可愛い娘にこれぐらい思われたら幸せだろうなあ、とは思うけど、
    本人が少しはふさわしくなろうと努力しないとね。

    どうも、主人公がただただヘタレてる話は、乗りにくい。

  • 性格の違う双子姉妹に翻弄される男子のお話。
    おもしろいかどうかと言われたらおもしろいかなと思うんだけど、何か物足りない。ひとつはあまり女の子の絵が好みじゃない点。一番問題に感じたのは、この双子姉妹に身体をはったアプローチに受けながら、ただ鼻血を垂らしているだけの主人公の木村くんの存在。二人が好意を抱くだけの魅力が描けてないのが不満です。

  • 思い切って告白した女の子はなんと双子だった?!な、双子を絡めたちょっとエッチ色強めなラブコメ。
    包丁持ってきたりとややヤンデレチックな面があったりとなかなかラブコメしちゃってくれてるので気に入る人は気に入るかもだけど、エッチ描写で引く人はいるかもしれない。

  • 黒髪長髪双子。好みの設定ですね。

  • 2010/03/29

全10件中 1 - 10件を表示

ハルとナツ 1 (ジェッツコミックス)のその他の作品

武田すんの作品

ハルとナツ 1 (ジェッツコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする