新 職業・殺し屋。斬 ZAN 5 (ジェッツコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.20
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592146971

作品紹介・あらすじ

「新 職・殺。斬ZAN」遂に完結! 迎えたS・B(スパイダーバイト)との最終決戦。「職・殺。」を嘗めた奴らは絶対に許せない…!! 卑しく生きてきた殺し屋たちの行く末とは──?
2014年11月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついに完結
    最後まで鮮血まみれな作品でした・・・エロもグロもバイオレンスもスプラッタも、コメディも人情ドラマも、全てが詰まっていて、臓物と一緒に溢れ出ています
    簡潔に言えば問題ありまくりの作品ですが、私の中では間違いなく、殿堂入りです
    『職・殺』が二つの意味で終わるだけあって、やはり、職・殺vsS・B編は今までのシリーズが霞むほど強烈で鮮烈でしたね
    内容が内容なんで、読める人間も、「好き」と大っぴらに言いきれる人間も限られちゃうとは思いますが、読んで損なしっつーより、今の厳しい世を生きるなら読んでおいた方がイイな、と思わせます
    各々、最期のバトルはどれも命の限界を超えていて、夥しい血、人知を凌駕した化け物同士の殺死合への興奮よりも、思わず、彼らの生の燃やし方に感動すら覚えました。当然、ベストバウトは、志賀了vs3号だが、それを除けば、最も滾ったのはやはり、私が一番、好きな殺し屋であり、笑顔で愚かな自己を貫き、仲間や愛する人に詫びながら逝った死条vs7号ですね、えぇ
    天井知らずで好きな漫画であれば「もっと続きが読みたい」と我儘を言うトコですが、この底無しの作品に関しては「この終わり方がベスト」と、漫画読みの本能で納得しています
    この台詞を引用に選んだのは、ファンならお判りでしょうが、これこそが『職・殺』、そして、銀髪の蜘蛛その男を明確に表すからです

  • 完結

  • 一応謎はすべて解けたって事で。
    もうあのキャラクター達に会えないのはちとさびしい。

全3件中 1 - 3件を表示

新 職業・殺し屋。斬 ZAN 5 (ジェッツコミックス)のその他の作品

西川秀明の作品

新 職業・殺し屋。斬 ZAN 5 (ジェッツコミックス)はこんなマンガです

ツイートする