ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 5 (ヤングアニマルコミックス)

  • 白泉社
4.42
  • (12)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592162155

作品紹介・あらすじ

米軍の猛爆撃で瓦礫の島となったペリリュー島に、草木が再び芽吹き、小動物が姿を現し始めた頃。田丸、吉敷、小杉の3人は、茂る草木に隠れ、必死に食糧を探す日々を過ごしていた。ある日、田丸は米軍の缶詰とともに、地面に残された「伝令」を見つける。そこにあったのは、生き残った日本兵全員の苦境を打破する可能性のある言葉。食糧となる米軍物資を奪取する方法を教えるというものだった。その策は、散り散りになった仲間を救い、反撃へとつながる1歩となるか──!? 「戦場」で生きた若者たち、それぞれが「体験」した真実の記録。
2018年7月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ごめんなさいお母さん
    僕はまたウソをつきます
    誰も幸せにしないホントのことがここにはあるから

  • 先の大戦の日本軍を描いた実録コミック。ペリリュー島の攻防戦はすでに決着がついているのだが、「降伏させてもらえない」日本兵は、食料を求めて夜陰に紛れて米軍基地に忍び込んだり。もはや何のために生きているのかも分からない。旧日本軍の戦い方は、あまりにもひどすぎる。大本営には「国民あっての国家」という発想がないんだな。

  • ついに東京大空襲を迎える時期。
    本土でも戦況がますます困窮を極めてくる中、
    遠く離れたペリリュー島でも、
    事態はより重く苦しいものになりつつあった。
    仲間との合流や米兵からの糧食奪取作戦など
    明るい材料が見える反面、だからこそ
    より深刻さを増して突きつけられる現実がつらいです。
    でも、かつて現実にあったこと。目を逸らしてはいけない。

  • 「誰も幸せにしないホントのことがここにはあるから」せっかく生き延びているのに、いや、物資調達成功によるささやかな体力回復は仲間同士の悶着をも生む。

  • アメリカ軍陣地に潜入して敵の物資を盗んで戻ってくる。こんな作戦、あまりにすごくて、「え?フィクション?」と思ったけど、ノンフィクションだった。

    糧食さえあればある程度人はまともな「生活」に戻れることがよくわかる。食事もないのに持久に徹して1人でも多く敵を殺してなんて、無理だ。

    一番ショッキングな話は38話生存本能2 。
    コンクリ攻めされた穴を掘り出すことに成功し、片倉兵長たちを救出することに成功するのだが…
    黒塗りで描かれないからこそ、彼らの惨状を想像させられる。
    生きるために。
    死なないために。
    人はいくらでも残酷になれるし、体より先に心を失うんだなぁ。悲しくて、怖い。
     

  • 島田少尉が各地に配置した伝令(伝達命令)を見て、田丸一等兵ら残存兵が北浜ツツジ陣地跡に集結。作戦の第一段階として、少尉率いる一隊は西浜の米軍物資集積所に侵入、物資の奪取に成功して士気は大いに高まった。一方、捜索により本部将兵は既に玉砕していたことが明らかになり、竹野内中尉と島田少尉は、残存部隊を再編成し島内に潜伏、来たるべき日本軍の反攻に呼応して米軍を撃退する持久作戦を下令する。しかし、自決した大佐は作戦当初より「ペリリュー島への増援は無駄」と断じ、「少ない戦力で損害を抑えつつ出来るだけ長く敵の大軍をクギづけにすること」を自らの役割としていた。少尉ももはや日本に反攻の余力がないことは承知の上で、持久作戦を継続するために士気を鼓舞したのだろうか。

  • 2018/08/09 061

全7件中 1 - 7件を表示

武田一義の作品

ツイートする