ガラスの仮面 44 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.03
  • (64)
  • (63)
  • (54)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 608
感想 : 61
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592170044

作品紹介・あらすじ

「紅天女」の試演に向け、稽古に励むマヤと亜弓。ある日突如稽古場に姿を現した月影千草を前に、二人はそれぞれの紅天女を演じる。終了後、月影から二人へと差し出されたのはコップ一杯の水。それが意図するものは果たして――!? そして、二人の反応は? 緊迫の44巻!同時発売の「別冊花とゆめ」2009年10月号より連載再開! 2009年8月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あれあれあれ?
    書き下ろし、書き直ししているハズ…、……なのに…これはデジャブ?そしてハミルさんがやたらと男前になっている気がします。なんだろう。
    バケツパフェを食らう御前と、桜小路くんと真澄様のダメ度が愉快な事になっていた、それだけでもう満足です。

    真澄様の未来の奥様は、私の愛して止まない乙部のりえを超えるビッチに育ってくれるだろうか。

  • 亜弓ちゃん!?

  • 亜弓さんが心配

  • 「ガラスの仮面(44)」美内すずえ著、白泉社、2009.08.30
    188p ¥420 C9979 (2018.07.22読了)(2018.05.30購入)
    副題「ふたりの阿古夜(3)」
    月影千草が、マヤと亜弓の稽古状況を見に来ました。マヤはすっかり役に入り込み稽古が終わってもしばらく阿古夜のままでした。亜弓は阿古夜を演じてはいましたが、心から阿古夜になりきっているわけではないので、稽古が終わればすぐ自分に戻ります。
    千草は、それを感じ取っています。亜弓は、どうしたらいいか悩んでいます。
    亜弓は、稽古中の事故で頭を打ち、目が見えなくなり入院してしまいます。きっとこれが、役作りのためのヒントをつかむきっかけになるのでしょう。

    北島マヤ
    姫川亜弓
    月影千草
    源造 千草の世話人
    速水真澄 大都芸能
    鷹宮紫織 真澄の婚約者
    水城 速水真澄の秘書
    桜小路優 マヤの相手役
    黒沼先生 マヤ組の監督
    小野寺先生 亜弓組の監督
    姫川監督
    姫川歌子 女優

    (あらすじ)(2頁)
    演劇史上不朽の名作と謳われる「紅天女」。上演権を持つ月影千草が事故で引退した後は幻の名作となっていたが、千草は北島マヤと姫川亜弓のどちらかを後継者にすると決めた。
    後継者を決める最終審査は2つのグループでの「紅天女」試演。マヤと亜弓は紅天女の里で千草から特訓を受け、紅天女の心を知るための課題=風・火・水・土の演技に取り組み、その成果を梅の谷での発表会で披露した。
    二人の演技の後、最後の「紅天女」を演じた千草は、マヤと亜弓それぞれが自分自身の思う新しい紅天女を創り出すようにと告げる。
    着々と役作りの準備を進める亜弓は公開稽古を行い、テレビ放映され大反響。それを見て自分との差を目の当たりにしたマヤは、依然と「紅天女」を掴むことができないでいた。
    阿古夜の気持ちになる為、一人で稽古をする事になったマヤは真澄と遭遇。真澄との会話をきっかけに自分の「紅天女」を見い出す。
    そんな矢先、千草が稽古場に現れて……!?
    (表紙カバーより)
    「紅天女」試演に向け稽古に励むマヤと亜弓。そんなある日、突如稽古場に姿を現した月影千草を前に2人は各々の紅天女を演じる。稽古終了後、月影から2人へと差し出されたのはコップ一杯の水。果たしてそれが意図するものとは……!?
    (2018年7月23日・記)
    コミック: 190ページ
    出版社: 白泉社 (2009/8/26)

  • 亜弓が物語に関わると面白くなる気がするのと、感情とか感覚よりも、作品のなかの現実的なトラブルが起きた時が個人的には面白く読める。しかし亜弓どうなっちゃうんだろ!?

  • 亜弓さんの目が…!努力の人、亜弓さんにどれだけ困難を強いれば気がすむのか。負けないで、亜弓さん!

  • 実体験がないと本物にはなれないのか?
    そんなことはないでしょう。

  • 『 いただきます・・・! 』
    紅天女のリアリティかぁ~マヤちゃんはいつもながら芝居の中で生きているんだね~♪

  • しばらく見ないうちに、展開が意外な方向に。
    紅天女に対するいままでのところの解釈は
    日本人の自然観にあっていて、
    それほど驚く新鮮さはない。

    ここからが本番。ありえないくらいの
    驚く展開により、真の意味で日本漫画を代表する
    作品となることを期待している。

  • 読むたびに力がでる作品。
    自分に才能は無いけれど、へこたれない強さは持ちたいなと思います。

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年2月20日生まれ、大阪府出身。16才の時、「山の月と子だぬきと」が集英社「別冊マーガレット」で金賞を受賞し、高校生漫画家としてデビュー。 1976年から連載の「ガラスの仮面」(白泉社)は、少女漫画史上、空前のロングセラー作品として、各界から絶大な支持を受け、TVアニメ化、ドラマ化、舞台化されている。伝奇ロマン「アマテラス」(白泉社)では、自らの神秘体験を盛り込んだ作品として知られる。『妖鬼妃伝』で1982年度講談社漫画賞、『ガラスの仮面』で1995年度日本漫画家協会賞優秀賞。

「2023年 『人形の墓 美内すずえ作品集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

美内すずえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×