美女が野獣 第5巻 (花とゆめCOMICS)

  • 白泉社
3.52
  • (38)
  • (35)
  • (132)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 465
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592170983

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『一緒に暮らしてんだもん わかるって』
    『チョコ食べなさいよ』
    『どこに出ても恥をかくことのないように 一人で生きていけるように』
    『手間が省けた やる気のない奴が何人いたって同じだろ』
    『作法を知らないと損なんだ』
    『そうなったら止めてやる 行け』
    『帰りたいと思うのはそこで幸せだった証拠だろ』
    『世の中を知れ!挫折しろ!!』
    『今日は宴会だァ!!』
    『久々に 神に感謝する』
    『おなかがすいてるからおこっているんだね!?』

    おじいさま・・・!!ああ・・はんてんはいいよね・・・。はんごう持ってるエイミがかわいい。わにちんとは動物の親子みたいでかわいい。そして植物系美人もよかった・・・。あと私は圭ちゃんがすきだ。

  • 高校生の寮生活を描いた作品。
    久々に笑いすぎて泣いた。(主にエイミに。)
    エイミとわにちんは言うまでもなく、その他のキャラも変人奇人ばっかりで楽しいvv

  • 全5巻

  • 詠美回鄉至九州,迷路時母親→去獵熊、父親→聊影歌星(!?),發現忘了問路時為何沒有在可以收到訊號的地方趕快回撥?

    唉,雖然下貫和詠美交往像是撿到的幸運,不過女友的心總在別人身上,自己的試線卻無法從他身上移開~真是可憐。不過下貫的個性又確實不太適合詠美。真是個可憐的角色~因為官配太明顯了,下貫出場就註定是配角、交往注定分手的備胎(淚)

  • 絵柄がきれいですきな漫画家さんです。
    ストーリーも辛気臭くならずにほどよくまったりしており、読みやすくなっています。
    どちらかといえば、男子漫画のようなノリで男性にオススメしたいです。

  • こぉゆうラストでしたか。
    「野獣が舌なめずり」のとこは、ほんと云いえて妙、だと思いました。
    マツモトさんはラブをさらりと描く事に長けてらっしゃる。

  • まさにラブコメというか!それぞれの人物の特徴が立っていてとても面白かったです!わにちんみたいな人、いそうですねー、たぶん!しかし続きが読みたい。

  • 大好き。

  • 「キス」を書いたマツモトトモの作品です。
    「23:00」でちょっとインターバルを挟みましたが、この作品は本領発揮というところでしょうか。何たって主人公及びその相手役。
    「食い殺しそうな目でありながら上品で野蛮な男」と「天然系でありながら決してカワイコちゃんではない、でもハート鷲掴み!な女の子」を描かせたら天下一品です!

  • マツモトトモさんが描く男の人、大好きです!

    わにちんラブっっ!!!!!!!!

    ほんとかっこよくて素晴らしい・・・

全25件中 1 - 10件を表示

マツモト・トモの作品

ツイートする