夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.09
  • (1469)
  • (742)
  • (1079)
  • (30)
  • (5)
本棚登録 : 7287
レビュー : 809
  • Amazon.co.jp ・マンガ (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592171584

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ニャンコ先生のギャップが…ww

  • なんだか、ほっこりする漫画が読みたいと言ったら
    娘が勧めてくれました。

  • なかなかに良い物語でした(*'▽'*)
    人間と妖怪のバディもので切ない物語の短編集

  • 泣けるけど心に残らない。5巻くらいまで読んだ

  • 優しい妖怪ファンタジー作品。ぼんやりしている夏目とにゃんこ先生が可愛い。ただちょっとマンネリ気味かな?すぐ恋愛絡みのお話になるのでちょっとお腹いっぱいかも。そろそろ新たな展開を期待したいところ。

  • ほのぼの妖怪物。もうちょっと話に細工が欲しい・・・または派手さか・・・どっちか欲しい・・・!でも派手にしたら持ち味がなくなる・・!ということで細工が欲しい・・・!

  • 10巻読了。的場が出てきませんでしたー。がっくし。

  • あんまりしっくりこない。線が細く薄いので、臨場感に欠けるし、さらっと流れていく。
    ところどころ面白いのに、私には物足りませんでした。残念!

著者プロフィール

緑川 ゆき(みどりかわ ゆき、1976年5月23日[1] - )は、日本の漫画家。熊本県出身・在住。血液型はB型。
1998年、第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞した「珈琲ひらり」(『LaLa DX』(白泉社)11月号掲載)でデビュー。2000年、「あかく咲く声」で第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。

夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

緑川ゆきの作品

ツイートする