フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.45
  • (168)
  • (97)
  • (671)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 1994
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592171621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度泣かされたことか…

  • 絵があまり得意ではなかったんだけど
    読んでみると面白い。ギャグのノリが…かなり好きだ。

  • うとうとしながら読みました。

    はとりさんと紅葉くん登場。

    あいかわらず笑っている透さんです。
    笑いに隠れている哀しみは。

    はとりさんはアニメでも存在感がありました。

    やっぱり「キミトド」って似てるなあ。
    善意とけなげさのかたまりの主人公。

  • 読み始めてまだ2冊だけど…なんかこの巻好きです!
    由希くんかわいいなぁ(^^♪ドキッとしてしまいました。
    夾くんも好き!喧嘩っ早いのも、素直じゃないのも!
    おにぎりの話に感動しました!お正月も素敵でした(*^_^*)

    それから、紅葉くんを見ると「桜蘭高校ホスト部」のハニー先輩を想起してしまうのは私だけかしら…(^_^;)

  • 1巻だけさらっと立ち読みしたことあるから、2巻から借りた!
    とりあえずみんなかわいい、みんなかわいいとしか言いようがない。

  • 異性に抱きつかれると十二支に変身する由希・夾・紫呉と暮らす透。高校の文化祭に3人の親戚、紅葉とはとりが突然現れた!!
    大事な話があると記憶隠蔽能力を持つはとりの家に呼び出されてしまった透は…!?

  • 主人公、透ちゃんの生き方、笑顔に励まされる。ふとした時に読みたくなる、素敵なお話です。

  • 000072,K004-コ9999999-004

  • 設定もさることながら
    主人公のひたむきさは好感が持てます

全38件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

高屋奈月(たかや なつき)
1973年、東京都出身の漫画家。1992年、『花とゆめプラネット増刊』(白泉社)「Born Free」でデビュー。2001年「フルーツバスケット」で第25回講談社漫画賞少女部門を受賞、同年テレビアニメ化され、これが代表作となる。2015年9月「フルーツバスケット another」を連載開始。
2019年、新キャストで「フルーツバスケット」がアニメ化されることが決定。

フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

高屋奈月の作品

ツイートする